FC2ブログ

All archives    Admin

07月≪ 2020年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006'03.18 (Sat)

べか舟とあっさり君

浦安市郷土博物館1

実はバスしか乗ってないが、どうかお許しを(^^;)

おさんぽバスというコミュニティバスに乗って、浦安市郷土博物館というところに行きました。

あんまりバスって好きじゃないんだけど、浦安のコミュニティバスには一度乗ってみたかった。
ここのコミュニティバス事業が定着したのをうけて、遅ればせながらお隣の市でも実験やってますが、そっちは果たしてどうなることやら・・・?
おさんぽバス
バス停にやってきたおさんぽバス。ちっちゃ。だけどこぢんまりとして向かい合わせの座席が、井戸端会議みたいでよい。

浦安駅から15分ほどで郷土博物館に到着。外から見えるが、なんかいい感じ。
あっさり君こんな場所までゆるキャラが・・・。あっさり君だって。

屋外展示は狭いですが、昭和27年頃の浦安を再現しています。
駄菓子屋さんで実際に購入できます。
昔のすごろく(なかなかあがれない)とか、けん玉とか、ベーゴマとか、竹馬とか、軒先でちょこっと遊べるので、コドモたちにも楽しめる仕様。
浦安市郷土博物館2 浦安市郷土博物館3
ALWAYS 三丁目の夕日」の世界が好きな方にお薦め!

かつての浦安名物、べか舟にも乗せてもらえます。
浦安市郷土博物館4
べか舟を乗りこなしてきた元漁師さんによる操縦で出発進行!ほんのちょっとの距離ですが、気分は味わえる(^^;)。
元漁師のおじいさんが勇ましく漕きますが、舟の構造上恐ろしく揺れます。

この日は火おこし体験が行われていましたが、事前予約でいっぱいでした。
他の体験講座も事前に電話予約(一ヶ月前から受付)しないと無理みたい。
やはりこういうのは計画的に動かんとだめだな・・・。

屋内展示は舟の展示と浦安の歴史が中心でした。
鼠園で潤う今の浦安も、30年ほど前までは市域も1/4ほどしかなくて(もちろん舞浜も海だった)素朴な漁師町だったという過去を、知っている人はどれくらいいるのかな?

---------
以下は楽天日記未掲載分です↓。某地域系ブログに投稿したものより転載(文面は変えてあります)。

郷土資料館3この写真は、東西線が西船橋まで延伸したときの「広報うらやす」(昭和44年3月5日発行)。

いやもう何というか、浦安の激変っぷりを予言するかのひとコマですな。
見出しからして「漁業の町から近代都市へ走る!」ですからね。

当時の浦安(「市」じゃないですよ)の人口が19,000人台というのと、大手町までの片道運賃が大人¥50だったというのに時代を感じるよ。

浦安の戦後史に関しては、市川よみうりさんの特集記事が興味深いです。
舞浜の鼠園とか、マンション人気エリアの新浦安とか、30年ほど前までは誰も想像してなかったでしょうねー(ってこの辺りは海だったか)。
逆に私は、小さな漁師町だったことが想像つかない(^^;)。


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!



 



スポンサーサイト



テーマ : ちょっとおでかけ - ジャンル : 旅行

23:48  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mihochinw.blog22.fc2.com/tb.php/87-e2cc634a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |