FC2ブログ

All archives    Admin

07月≪ 2020年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2005'08.25 (Thu)

京滋鉄旅2日目~博物館編

2日目も朝から電車の旅に出た。
8:00過ぎの三条京阪発出町柳行きのK特急に乗り、出町柳からは叡山電鉄の「きらら」に乗った。
この列車、本数は少ないものの面白い車内で、一部の座席が窓側に向いている。観光客にとっては嬉しい限り。車窓風景を眺めながらぼけーっとしていた。ああいい気持ち・・・。
終点の鞍馬までは行かず、途中の岩倉で下車。わずか10分強しか乗れなかったけど、時間があれば終点まで乗ってみたいものだ。
岩倉から10分以上歩き、国際会館前より地下鉄で京都駅まで行く。
途中こんなものを見つけた。
住宅地の空き区画に杉畑って珍しくないですか?
花粉の時期に通行するのは勇気がいりそうだけど、さすが北山杉の産地ですねえ。

京都駅からバスに乗り、梅小路蒸気機関車館へ。
こちらにも昔の駅舎(旧二条駅)が移築されて残っているが、扇形車庫との相性も良くていい雰囲気をかもしだしている。
よく見ると扇形車庫の外壁が煤で真っ黒なのに気がついた。
長いこと現役としてSLが使われてきたことがうかがい知れる。
今でもいくつかは動態保存されているので、この車庫も転車台も現役と言えば現役か。

息子は機関車の中に入れるのが嬉しかったみたいで、昇り降りする階段の踊り場が展望台みたいだとはしゃいでた。
一通り見た後SLスチーム号に乗って、転車台の回転風景を見てからここを出ることにした。
スチーム号では、折り返し地点で通過する特急や新幹線を見物するためにしばらく停止してくれるという配慮。どの子供たちも大喜びで見ていたな。

京都駅でランチした後は、途中で妹一家を拾って交通科学博物館へと移動。
息子は一つ年下のイトコ(私の姪)と大はしゃぎ。出逢った瞬間から言いなりになってる(^^;)。このふたりのことは次の日記に書くことにして・・・。

交通科学博物館に来たのは2度目(梅小路もだけど)。
今回は妹一家も一緒だからにぎやかで楽しそう。
最初のうちは姪っ子と息子の2人で仲良くワイワイ遊んでたけど、ジオラマの時間になった頃息子が消えた。
奴はジオラマそっちのけで、電車でGO!をやっていた。好きだねえ。
運転シュミレーターが休止中で怒ってた。
1歳半の甥っこが初めて見るジオラマに釘付けになっていた。
電車も嫌いじゃないようだけど、それよりもミニカーや恐竜のほうがいいみたい。

閉館の少し前に退館し、そのまま電車に乗って妹の家に帰った。
台風が来る前に帰らないとね・・・。
やっぱり電車の中でも息子のテンションは高かった。
さらに姪っ子の尻に敷かれっぱなしだった。

一泊して明日は帰るぞー!・・・のはずがあれっ?(実は滞在が2日延びてしまいました。息子が姪っ子と離れたくなくて)
スポンサーサイト



18:01  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mihochinw.blog22.fc2.com/tb.php/67-9bfb94c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |