All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'09.16 (Fri)

2010年春・卒業旅行は韓国へ 2日目(3):韓国にもあります鉄道博物館・屋内展示編(2010.4.2)

★2010年4/1~3の韓国旅行記2日目です。1年前ですからご注意!
 旅行記の前記事はこちら→
   2010年春・卒業旅行は韓国へ1日目:空港鉄道A'REXとソウル地下鉄(2010.4.1)
   2010年春・旅行は韓国へ2日目(1):デビューわずか3週間のKTXⅡに初乗車!(2010.4.2)
   2010年春・卒業旅行は韓国へ 2日目(2):韓国にもあります鉄道博物館・屋外展示編(2010.4.2)

韓国版鉄道博物館の屋内展示編です。
思ったより鉄道の仕組みや歴史、きっぷ各種など幅広く展示されていました。
ここで紹介しきれないものも多々あるかと思います。
それ以前に、ハングルで書かれた説明なんてさっぱりわからんのが本音。

P1040292.JPG 屋内展示館は2階建て。
敷地面積のわりにこぢんまりとしています。

建物の前(写真左側)には鉄道文化殿堂と書かれた石碑。
ハングルだらけの韓国で、漢字ですよ漢字。

それでは館内に入ってみましょう!
1Fと2Fの展示紹介ごっちゃになってるかもしれないですが気にしないでw
P1040299.JPG 機関車のプレート勢揃い。
丸いのはSL前面につけられていたもの。
やはりミカ3と同様、ハングルと数字の混合なんですね。
中間の数字が小さく表記されているのは何か意味あるのだろうか?
P1040303a.jpg
(↑写真クリックで拡大)
韓国の鉄道車両の変遷を紹介したコーナー。
屋外展示されている車両もちらほらと。
KTXⅡも早速追加されていますね。
P1040325a.jpg
(↑写真クリックで拡大)
日本と同様、鉄道開通前の交通手段は籠だったようです。
籠のスペックから予想するに、高貴なお方が使用していたのではないかと。
P1040304.JPG JR九州より寄贈された783系模型。
旧国鉄の繋がりか、韓国鉄道公社とJR各社との交流がもたれているようです。
他にも有田焼の特大切符にJR東の駅長帽子や写真集、JR発足の年にJR東海より贈られた100系新幹線の模型も展示されています。
P1040307.JPG 車両を側面にまんべんなく配置した鉄道グッズ風のプレートは、2005年韓国鉄道公社発足記念のものと思われます。
右側には金大中大統領の署名入り祖国統一願掛け壷。
P1040314.JPG 旧ソウル駅のレストランで使用されていた調度品。
旧駅舎と同様に、落ち着いた気品と格調の高さをただよわせています。
P1040326.JPG 屋外展示されているミカ3-161の走行シーンをレプリカにしたもの。
わざわざ何のために半立体化?
ああ今のコドモたちはSLが現役だった時代を知らないからか。
それにしても背景画で煙を表現してるとは…その発想はなかったw
P1040331.JPG 自動券売機で切符を購入すると、自動改札体験ができるコーナー。
右側の仕切りは片側3本のバー。
うん、舞浜にある夢の国の入口の改札と一緒だよ!
P1040332.JPG 恐らくこれらは閉塞システムなどについての展示かと思われます。
タブレットもありますが、日本のものに比べると華奢な印象。
P1040356.JPG 世界の高速鉄道を紹介している一画。
ICEやTGVなどの他、我らが300系のぞみ(N700に交代希望!)にKTXの模型が並べられています。
P1040359a.jpg 未来の交通について紹介パネル(の一部)。
ゆりかもめに大阪モノレール…ここ日本の博物館じゃないですよね?
P1040360.JPG ユーラシア大陸を鉄道で繋げ、ヨーロッパから韓国まで行けたらという壮大な夢。
そのためにはまず北朝鮮と関係修復なり統一なりして直通させないとね…。
P1040365.JPG 2Fの大きな窓に沿うように配置された初代KTXの模型。
ここから屋外展示が見渡せます。
やっぱり人いない。のどかな時間。

日本でおなじみのコーナーも、ここでは別料金だったりします。
しかし鉄博の入場料が500ウォン(円高だから40円弱?)だからねえ…。
大宮のやつとはワケが違うw
P1040366.JPG お約束の鉄道パノラマもあります。
メイドインジャパン(カツミ製)な韓国風ジオラマをHOゲージの韓国車両が走ります(見てないけど)。
しっかし誰もいないなー。
P1040369.jpg 1台だけですが運転シミュレーターもありました。
どことなく古臭いレトロな感じがするのは私だけですか?
息子はそんなの気にしない(たぶん)。
鉄だから。

ブログ書きながら改めて気づいたのですが、韓国鉄道史において日本の存在は切り離すことできないんですよね。
もしかすると全くハングルを解せないから都合よく解釈しているだけかもしれません。
しかし淡々と、時には日本の鉄道との友好や祖国統一を絡めながらの紹介となっているようです。
…なんて偉そうなことちょっとだけ書いちゃいましたよ。

売店で買い物したら、店員のおばちゃんが親切だった記憶が…でもなんだったか忘れた。

---------------------------------------------------------------------
次回以降のお話はこちら→
   2010年春・卒業旅行は韓国へ 2日目(4):ようやく観光らしきことを少々(2010.4.2)
   2010年春・卒業旅行は韓国へ:(おまけ)韓国コネタをつぶやいてみた。



人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

22:57  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mihochinw.blog22.fc2.com/tb.php/516-4c6bfc33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。