All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.20 (Sat)

こんな時だけど旅に出た:2日目(1)車両工場詣と和田岬線

※2011年3月下旬に関西行ったときの話の続きです。
 前回までのお話はこちら→こんな時だけど旅に出た:1日目(1)京とれいんと神戸電鉄
           こんな時だけど旅に出た:1日目(2)有馬温泉と阪神大震災の現場から
---------------------------------------------------------------------

2011年3月28日月曜日。
朝いちで向かった先はJR新長田駅。
P1120763.JPG このあたりは阪神大震災の被害が大きかった地域。
再開発により焼け野原からマンション街に生まれ変わりました。
復興のシンボルとして建てられたのが鉄人28号の像。
空高く突き出す拳がかっこいい。
P1120765.JPG 公園のど真ん中でポーズ決めてます。
高さ15.3m(直立時設定18m)もあるだけあって、足元に近づくとやはりでかい。

駅に向かう通勤客をよそに、息子とひたすら撮り続けていました。
場違い感たっぷりだけど気にしない。

鉄人とお別れして、修行増のようにひたすら歩き続けます。
P1120774.JPG 20分以上歩いて疲れた身に現れたのは…
0系新幹線!特急こだま号!!
日本の高度成長を支えた車両たち。
ちなみにこちらのこだま号、「ALWAYS 三丁目の夕日」の撮影に使われたとかなんとか。
そしてさらにもう少し進むと、
P1120782.JPG

川重兵庫工場キター!!
あれに見えるは千代田線16000系じゃないですか。
左側には京急新1000形(ステンレスむき出しのやつ)も見えますね。
P1120783.JPG 車庫の奥にある赤くて派手なのはJR九州?
…だとばかり思い込んでいたら、実は全然そうじゃないそうで。
NYのメトロノース鉄道というところのM8が正解。
日本の車両製造技術を思い知らされます。
P1120777.JPG 出ました新幹線!
おそらく九州新幹線「みずほ」「さくら」のN700系。
先頭車のカモノハシでないのは残念。

メトロと京急と新幹線車両が並ぶ姿なんて、完成後はまず見られませんよね。
もしや我々はとんでもなく貴重なものを目撃しているんじゃなかろうか。
工場の周りをてくてくと歩いていたら
P1120787.JPG

銀色のカモノハシ発見!
塗装前のN700系ですが、これも「みずほ」「さくら」なのかな?
ここでは見慣れた光景でしょうけど、近くに住んでなければめったに見られませんからね。
自然とテンション上がります。
P1120789a.jpg その隣にあるのはなんだ?見たことない車両だぞ。
息子に聞いたら台湾じゃね?という返事。
半信半疑で調べてみたら大当たりでした。
台北の地下鉄車両とのことです(こちらのブログが詳しいです)。
まだ営業運転していないタイプの車両ではないかと思われ。
P1120792.JPG 運河の様子をなんとなしに写していたら、和田岬線の鉄橋発見。
車両が走ってくれればなお良かったんだけど、タイミング合うわけもなく。
後で調べたらこの鉄橋、旋回橋と呼ばれるレアなものなんだそう。
今は固定化されていますが、かつては船舶運行時に橋桁が水平に旋回していたそうです。

それからおおいに迷ったのち、なんとかJR和田岬駅に到着。
廃止の噂ただようJR和田岬線を乗り鉄します。
P1120799.JPG 和田岬線は朝夕しか運行していない、一見やる気のない路線。
しかし付近は工場や住宅の密集地。
地下鉄海岸線の開通後乗客が減ったものの、まだまだ通勤路線として活躍しています。
ところが街づくりに邪魔だからと、神戸市の要望により廃止が検討されているらしい。
地下鉄へのさらなる乗客シフトを狙ってんじゃね?と囁かれても仕方ない。
P1120795.JPG 和田岬駅はホームだけの無人駅。
ホームへの出入口はこの小さな階段というそっけなさ。
ですが2009年までちゃんとした駅舎が存在していたというから驚きです。
解体された駅舎の跡地にはファミリーマートが建ってます。
P1120804.JPG わずか2.7kmのショートトリップ。
途中川重兵庫工場の脇を走り抜けます。
車窓に入ってくるのはさっき見た工場の反対側。
ぶった切りの16000系が見えました。
P1120805.JPG 5分ほどで兵庫駅に到着。
神戸線や線路沿いのビル群に見下ろされるように位置する和田岬線ホーム。
そんな場所に入線する車両も、関西では珍しくない103系かつ6両編成ですから、路線の特性のわりには場末感ありません。
ちなみに今年は和田岬線電化10周年。
なら廃止することもなかろうに。

ここからは新快速も使ってひとっとび。
京都で息子と別れ、私は大津と彦根の銀座取材(実はまだやってます。更新してないだけで)、奴は島本あたりで撮り鉄。
夕方彦根駅で待ち合わせの予定です。
近江鉄道に乗って、母と息子の聖地巡礼ですよw

---------------------------------------------------------------------
次回(これで最後)のお話はこちら→こんな時だけど旅に出た:2日目(2)けいおん!!聖地巡礼


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

03:42  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

はじめまして。和田岬線は私も好きな路線の一つです。和田岬駅周辺の、昔ながらの工場地帯という雰囲気が魅力的。早朝から、立ち食い蕎麦屋さんが開いていたりして。また行きたいけれど、休日は乗るのが大変でねー。
池口 | 2011年09月17日(土) 07:12 | URL | コメント編集

>池口さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
和田岬線沿線のいいところは、鉄道車両工場の存在だと思います。
早朝から立ち食い蕎麦屋開いてるんですか。
日本のものつくりの現場といった感じですね。
休日の本数少ないのは、まぁ仕方ないかな(^^;)
いつまでも存続してくれるといいですね。
みほちん | 2011年09月17日(土) 23:22 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mihochinw.blog22.fc2.com/tb.php/510-eab3d534
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。