FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2018年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.20 (Sat)

こんな時だけど旅に出た:1日目(2)有馬温泉と阪神大震災の現場から

※2011年3月下旬に関西行ったときの話の続きです。
 前回のお話はこちら→こんな時だけど旅に出た:1日目(1)京とれいんと神戸電鉄
---------------------------------------------------------------------

2011年3月27日の昼下がり。
ここからは乗り鉄改め神戸観光モードに入ります。

有馬温泉に着きました。
ここはやはり温泉入るしかないでしょう。
放射能?ここで気にしたらあかんがな。
P1120668.JPG 橋の上から有馬川親水公園を一望。
ひょうたん形の池の水は赤錆びた色をしています。
温泉が流れだしているのかな?
P1120691.JPG 有馬温泉の基本その1、共同温泉の金の湯。
金ではなく鉄分が溶け出した赤茶色の濁り湯で知られる強塩泉。
素焼きの植木鉢のような色というか、東京の黒湯とはまた違う濃さ。
今まで経験したことのないお湯でした。
金の湯は有馬温泉の玄関口にあるためか、それはもうとんでもない混みようでした。
震災トラウマの蔓延する関東とは大違い。
P1120674.JPG 金の湯の外側にある太閤泉と呼ばれる飲泉。
ひょうたんから温泉水の出てくる様子が少々エロい(オイオイ
金の湯とは泉質が異なるようでこちらは透明です。
足湯もあったけど激混みのためパス。
P1120688.JPG 石段をえっちらおっちら登って有馬温泉の基本その2、銀の湯へ。
炭酸泉・単純放射能泉(ラジウム泉)。
ラジウム泉ということで震災以降変に注目されているようですが、温泉入るぐらいじゃまあ恐れることはないんじゃないかと。
プチプチ感を期待して入ったのですが、無色透明で金の湯のような強烈なインパクトもなく。
金の湯ほどは混雑せずゆったりできました。
P1120671.JPG 木造家屋が密集する湯本坂のあたり。
高級旅館がメインの温泉街にしては素朴な街並み。人もクルマも多いけど。
名物の炭酸煎餅のお店も多数あり。
駅近くの民芸屋さんがなかなか良い雰囲気でした。
P1120679.JPG 銀の湯近くには温泉の名のついた神社やお寺があります。
源泉の湯煙もすぐ手の届くところに。
温泉神社の鳥居がいい感じに苔むしていたので撮影。
しかし参拝はさらに坂を上がらなくてはならずつい省略(汗)。
P1120683.JPG ちょうどアートイベントが行われているようで、神社のまわりにはこのようなオブジェが点在してました。
唐突な気するけどこれはこれでアリ。

なんか…震災2週間後とは思えない光景が広がっていますね。
歩いている人も多ければ、渋滞しかねんほどの車の数もすさまじい。
普通に温泉入って、ごはん食べて、お土産屋さん冷やかして。

かたや関東は自粛の嵐で温泉街も閑古鳥鳴いている状態。
幸い我が家のあたりはほとんど被災しなかったけど、隣町では液状化により大規模断水中。
周辺の温泉施設は被災者のために開放されているようなもの。
自宅で入浴できる身分で、わざわざ日帰り温泉に行くような気には到底なれません。
遠く離れた地で温泉入って申し訳ないような罪悪感を抱きつつ、同時に感謝も。

P1120694.JPG 再び神戸電鉄で山下り。
帰りは途中の谷上駅で北神急行に乗り換え三宮へ向かいます。
ルートは変われども、山っぷりは変わらず。
車両の傾きで山を上っている感覚は少しつかめるものの、当たり前のように家々が建っているのを見ると、高地にいるという気はしませんね。
P1120702.JPG 神戸は平地が少ないため、これでもかというぐらい山を切り開いて住宅開発がなされてきました。
海抜0m地帯に住む自分には考えられないことですが、海抜300m越えのニュータウンもこのへんでは珍しくありません。
駅より高い場所にも住宅街は広がり、高低差の克服としてそれらと麓をむすぶエスカレーターも見えたりします(車窓の右側)。

三宮に到着しました。
ホテル行く途中に生田神社があったんでちょっと寄り道。
P1120709.JPG 藤原紀香と陣内智則が挙式した神社として有名ですが(そんなこともあったねぇ)、阪神大震災の時には甚大なる被害を受けました。
ぺしゃんこに潰れた拝殿の映像は強烈な記憶として残っています。
拝殿や山門の赤色が鮮やかで新しそうに見えるのは再建されたから。
境内には震災復興記念碑が建立されていました。
P1120708.JPG これまたマッチョな狛犬でんなぁ。
惚れ惚れするわ。
P1120710.JPG ずいぶんとまあストレートな絵馬だこと。
縁結びで有名な神社なんですが…どうしても藤原紀香の十二単が頭をよぎってしまうのw
P1120721.JPG 今晩のお宿はホテルトアロード。
お洒落な英国調プチホテルで前から泊まってみたかったところ。
予想を裏切らない可愛らしさで心躍ります。
トアロードにはかわいいお店が並んで、三宮とまた違った雰囲気。

さてそろそろ息子と合流したいところだが…。
そうですか夕方なのにまだ新疋田ですか。
489系の見納めまだ終わってないですか。
各地から招集かけた鉄仲間だけでなく、現地でまた新しく仲間増やしたんですかそうですか。
…って遅ーーいっ!いつ三宮に着くんだ!

P1120722.JPG 仕方ないので三宮や元町あたりをぶらぶらしてみます。
まずはおひとりさまのお茶タイム。
P1120723.JPG 続いて元町やら南京町をぶらぶら。
ちくせう誰かさんのせいでご飯食べれんかった(悔)。
P1120754.JPG 南京町長安門脇の自販機にのっかってたパンダさん。
中華風にコカコーラも可口可楽と表記されてまっせ。



それでもまだ息子は戻ってこないので、メリケンパークまで足を伸ばしてみます。
P1120737.JPG 人影まばらな夜の震災メモリアルパーク。
阪神大震災を風化させないよう当時のまま保存されています。
あれから16年後、ここから離れた地で未曾有の災害が起きてしまいました。
そんな時期にこの場所に立っているとは、なんという偶然でしょうか。
街の灯りを眺めながら、東北の復興を祈らずにはいられません。
P1120752.JPG 元町商店街の片隅の路面に敷かれた神戸復興祈願のプレート。
今となっては全く想像もできないけれど、壊滅的に被災した場所そのものなのです。
被災地に輝きと安穏が戻ってきますように。

で、結局奴が三宮に着いたのは20:30でした(怒)。

---------------------------------------------------------------------
次回以降のお話はこちら→こんな時だけど旅に出た:2日目(1)車両工場詣と和田岬線
           こんな時だけど旅に出た:2日目(2)けいおん!!聖地巡礼


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

01:38  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mihochinw.blog22.fc2.com/tb.php/509-ca2e5909
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。