All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'11.15 (Sun)

タンコロまつりと江ノ電デート

前日の雨とはうって変わり、さわやかな秋晴れの一日。
雨で尾久ふれあいフェスティバルを断念した息子はリベンジしたくてたまらない、母と。
ということで私も付き合ってあげましたわよ。

実をいうと、私もタンコロまつりはいちど行ってみたかったんですよね。
江ノ電の路面区間も未踏破ですし。
なので嬉しかったりするのが本音。

P1010203.JPGスタートは鎌倉駅から。
激混みのホームには、西岸良平デザインのラッピング車両SKIP号が停車中(ちなみに12月12日よりデビュー当時の塗装に戻されるそうです)。
しかしこちらを見送って、しらすコロッケを買い食いする。
このコロッケ美味いんだけど、食べながらしらすと目が合いそうな気がするのよw


P1010210.JPG結局乗ったのはその次の1000形。
ブルーリボン賞に輝いた実績どおり、30年前のデザインとは思えないほど垢抜けたデザインだと思う。
現在もっとも編成数が多く、SKIP号や嵐電号など、ラッピング車両に変身することも多々あるようだ。




P1010213.JPG繁忙期のため本日は4両編成にて運行中。
今回の1000形には、大きな前面窓の2000形が連結されていた。
側面のコカコーラ手書き看板がいい味出している。





P1010221.JPGタンコロまつり会場の極楽寺駅に到着。
お隣の長谷駅とは違い、緑に囲まれた閑静な環境に小さな駅舎がぽつんと建っている。
丸型ポストの存在がはまりすぎてます。
会場の極楽寺検車区までは歩いて5分ほど。




極楽寺検車区に到着。うわっ、混んでるわー。しかも車庫狭っ!
単線の中小私鉄ならこんなものなのだろうが、知名度と乗客の多さのせいで、もっと立派なものを想像していたため拍子抜け。
P1010254.JPGP1010252.JPG
タンコロこと108号(左)は78歳。まだまだ自走可能な状態だというから驚きです。
車庫には(というより江ノ電そのものに)洗車機がなく手洗いだというから、職員の方々が愛情をもって保存しているのが手に取るように伝わってきます。
休憩用車両の305号(右)は、江ノ電に唯一残る300形。
お仲間のカットボディが江ノ島駅にいますね。

P1010259.JPG車庫とは別れ、再び江ノ電の乗客に。
並行する道路の渋滞を尻目に、江ノ島方面に向かう小さな電車はコトコト海沿いを走る。
空はたいへん澄んでいるが、波は案外高い。
サーフィン日和かな?




P1010273.JPG家々の隙間を通り抜ける様子も、道路の真ん中を堂々と走っていく様子も絵になる。
線路を堂々と横切る人がいるのも江ノ電ならでは。
そして江ノ島駅で下車。





P1010287.JPG江ノ島駅の改札前では、4羽の雀がウェルカム。
かわええやろぉ。おべべも江ノ電カラーだよ。
ぐぐったところ他にも衣装あるみたい。






P1010297.JPG江ノ電もなかの扇屋さん。
元玉電だった江ノ電651号が、作業場として引退後の余生を過ごしています。
いい感じに錆びて、完全に店と同化してるよ。





P1010301.JPG軌道沿いのスーパー入口で弁当食べながら、路上電車ウオッチング。
江ノ電の嵐電号(紛らわしくないか?)がやってきた。
知らぬ間に姉妹提携したそうで、嵐電にも江ノ電号というのが活躍中だそうだ。




P1010325.JPG腰越からひと駅だけ江ノ電に乗り、鎌倉高校前で下車。
息子に連れられ、峰ヶ原信号場というところに向かった。
ここは江ノ電同士のすれ違いが見られる撮り鉄ポイント。
もちろん待ち構えているのは自分たちだけではない。
2000形とレトロ車両&嵐電ラッピング車両のすれ違い。
おいしいラインナップだなあ。



P1010335.JPG七里ガ浜駅まで歩いて、こんどは藤沢駅まで乗りつぶし。
江ノ電の藤沢駅はドーム状のホームが独特の雰囲気。
しかもチョコ電に遭遇!
いぇぃ、♪チョコレートはめ・い・じっ♪





P1010358.JPG今回はJRの鎌倉・江ノ島フリーきっぷを使用のため、江ノ電のほかに湘南モノレールも乗り放題。
ということで、JRで大船まで出て湘南モノレールに初乗車。
同じ懸垂式でも、千葉とは少々雰囲気が異なりますね。




P1010357.JPG大船観音が次第に小さくなり、やがて住宅地と山中が繰り返されるようになる景色。
高低差があるようで、起伏の激しさを身をもって感じる。
遠くの空にうっすらと富士山も見える。





もっと乗りたかったけど、10分強で湘南江ノ島駅に到着。
この駅5階建てビルの最上階が突き出ている変わった構造で、その突き出し部分がホームなのです。

P1010360.JPG観光シーズンの鎌倉を素通りするのはもったいない。
またしても江ノ電に乗り込み、最後の目的地に向かった。
窓ごしに江ノ島見えるとテンション上がるね♪






P1010363.JPG大仏見るため長谷駅にて下車。

こちらは最新型の2代目500形。
まんまるフォルムが可愛いねえ。





長谷寺境内で長谷の市というのをやっているらしく、大仏の前に寄ることにした。
ここは初めてですが良いところですねえ。気に入った。
高台を登りきった後に一望できる鎌倉の海は格別だ。
P1010386.JPGP1010390.JPG
鳥居の奥の小さな洞窟に入ってみると、中には様々な神様が祀られ、神々の前にはロウソクが供えられていた。
お参りしたいという息子にロウソク買ってあげたら、奴がロウソクを奉納したのは酒呑童子。君は酒飲みか?

P1010412.JPG江ノ電デート(?)の〆は大仏。
夕暮れ時にもかかわらず、けっこうな人出。
大仏内の入場受付終了間際に駆け込んだ私たちでした。

千葉より西に位置する神奈川だからか、日没が遅いような気がする。
それでも長谷駅に戻ったときには、すっかり日が落ちていた。


P1010417.JPGお土産は江ノ電もなかと藤沢駅で買った江ノ電どら焼き。
もなかのパッケージは2000形かな?









人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
23:32  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

まだ行ったことがありません

こんばんは。
タンコロまつり、一度は行ってみたいと思いつつも未だに行けてません。今週末は1000形30周年イベントが同じ極楽寺車庫で行われますね。
江ノ島駅のすずめ、雨の日には合羽着てるときがありますよ。(水玉のビニールですが)何とも可愛いです。
テームズ | 2009年12月10日(木) 00:00 | URL | コメント編集

No Title

>テームズさん
そのイベントは明日ですね。撮影会でしたっけ?
しかしまあよくあんな狭いところで何十年もタンコロまつり開催してるなと思います。
それから江ノ島駅のスズメはレインコートまで持ってるとは。衣装持ちですね。
みほちん | 2009年12月11日(金) 11:48 | URL | コメント編集

No Title

江ノ電にはまっていたときに 真剣にたんころまつりに つれていってやりたいと思ってました。
最近 友人から長谷寺の国宝館で働いていると連絡が、、、。
写真見て また江ノ電乗りたくなりました。まだメトロが小さかったから 江ノ電すごろくとか手作りでつくった記憶があるわ
たららん | 2009年12月13日(日) 19:39 | URL | コメント編集

No Title

>たららんさん
江ノ電にはまってたとは!
手作りすごろく作成なんて本格的ですね。
最近は車両のバリエーションも豊富なんで、次回上京の際にはぜひ乗ってみてくださいな。
みほちん | 2009年12月14日(月) 14:47 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mihochinw.blog22.fc2.com/tb.php/427-901c2a42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。