FC2ブログ

All archives    Admin

07月≪ 2020年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009'09.20 (Sun)

ツーデーパスで小海線乗って信州へ2日目(1)少しだけ小諸観光

せっかく小諸に泊まったのだし、少しは観光もしていこう。
息子はお気に召さないようだが、すぐそばにこんな美しい街並みが残されているのだから。

小諸の代表的な街並みである本町付近。宿泊したつるやホテルもこの通り沿いにあります。
P1200991.JPGP1200993.JPG
左の写真は昨日夕飯食べたそば七さん。
工場経営の本業を持つご主人が、空き店舗だった築170年の商家を仲間と改装して開店させたという、意外な経歴のお店なのです。

建物全体を見るのもいいけど、細かい意匠を見るのも面白いです。
P1200985.JPGP1200990.JPG
白壁に「味噌」「醤油」と彫られた達筆な文字。古美術店では骨董品が看板代わり。

本町通りを外れると、レトロな洋風の建物があったりと、少々和洋折衷じみた街並みに変わります。
P1200996.JPGP1200997.JPG
この街にもご当地銀座はあったんですね。すっかり見落としてました(落胆)。

P1210011.JPGそして線路を越えると小諸のシンボル懐古園
市街地より低い場所に位置する、珍しい立地の小諸城址。
博物館・動物園・遊園地なども併設されています。

荘厳な三の門や石垣と美しい緑に心が洗われるよう。
桜の名所として知られていますが、紅葉の季節も見ごたえありそう。




P1210049.JPG園内には鏡石と呼ばれる不思議な石があります。
鏡が手に入りにくかった時代、ピカピカに写る鏡石は大変重宝され、かの山本勘助も愛用していたそうです。
やはりここは自分の姿で試してみたくなるものよ。








県下最古の動物園という小諸市動物園。非常にゆるーい空気が漂っています。
P1210019.JPGP1210015.JPG
大きなインコが歩道をのんびり散歩する、日曜朝のひとコマ。
飼育係のおばちゃんと動物のやりとりもなんか和みます。
小規模ながら、ライオンや県天然記念物の川上犬もいるのが凄い。

P1210034.JPGあんまり時間ないけど小諸市児童遊園地にも寄ってみました。
ゆるーいのは言うまでもなく。
さっさと遊具(決してアトラクションとは呼ばない)に息子を乗り込ませ、急いでロードトレインで懐古園入場門まで戻り、慌しく駅に向かう自分たち。
本数の少ない電車に乗り遅れまいと必死なのさ。






小諸駅に戻りました。
この後はしなの鉄道と上田電鉄に乗って、別所温泉へと向かいます。


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト



20:39  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mihochinw.blog22.fc2.com/tb.php/416-6545f33a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |