FC2ブログ

All archives    Admin

07月≪ 2020年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009'08.21 (Fri)

第10回国際鉄道模型コンベンション

JAMこと国際鉄道模型コンベンション
今年はお盆の翌週に開催日がずれたおかげで、双方仕事だ部活だで同時に行けるのは初日午後だけ。
さてどれだけ回れるか。

会場に着いたらJAMよりも人出の多そうなイベントに遭遇。
息子には黙ってたんだけど、ガンダムBIG EXPOやってるんだよね。
奴は両方行きたいとほざいていたが、そんなんやってたら半日じゃ消化できないので却下。

P1200189.jpg

まずは屋外展示の市川蒸気鉄道へ。
お勤め中の息子部活仲間にひと声かけて、ついでにライブスチーム乗車体験。
別に毎月地元でやってんのに、わざわざここで乗るのもどうかと思いつつ。
いつものような地面の上じゃないから、灼熱地獄たるや想像以上かと思われます。
それでも例年ほど暑くなかったのが救いかな。




P1200199.JPG同じく屋外展示の新機区さん。
縦長のナローゲージがアンバランスで可愛い。
最前列で運転体験までさせてもらって、息子とても楽しそうだ。

どてかぼちゃさんのところにも寄りたかったのですが、盛況がゆえに忙しそうで・・・またの機会ですね。





P1200400.JPG中に入ったら早速こんなの見つけた。
江ノ電の手ぬぐい、車両のとかイラストMAPのやつとかトロとか。
車両のとトロのをすかさず購入。








P1200210.JPGそれから物販でもひとつ気になったとこ。
近鉄の弁当箱とダイヤブロック(鉄道模型じゃないじゃん)。
この弁当箱、2段式で内ブタもついててしっかり実用性もある。
だけどそのぶんお高いのよねー。





P1200212.JPGこれも気になるなあ。
ポポンテッタの10周年記念商品「撮り鉄」ですって。
三脚乗ったり構えたり、ポーズがいいのよw
この写真じゃ全然わからないと思うんで、リンク先(↑の商品名)をクリックしてみてください。






P1200245.JPG毎年のことながら、溜息もんのディテールの精巧さ。
それぞれの世界をつなぎ合わせて完成させるモジュール集合体が好き。









都会から田舎、現代から過去の風景、日本から海外・・・。
ジオラマの世界は無限大。
P1200267.JPGP1200238.JPG

P1200382.JPG台湾ジオラマの日台鉄路愛好会の方がとても親切で、パンフレットをたくさんいただきました。
無性に台湾行きたくて仕方ない昨今、いただいたパンフ見ながら妄想にふける自分。








P1200358.JPG今年は高校生の出展がやたらと目立つ。
そのわけは今年から全国高等学校鉄道模型コンテストなるものが開催されてるから。
若い世代のモデラーを育てようということかしらね。

写真は最優秀賞を獲った関東学院六浦高校(コンテスト作品じゃないけど)。
江ノ電の魅力を再現したジオラマだそうだ。
大抵高校生のジオラマといえば低コストで建物が紙だったりするもんだが、ここのはそうではないみたい。


今年は女性専用の工作教室があったんだよね。
時間に余裕があれば行きたかった。
来年のお楽しみということでしょうか。
奴も来年中学生で子連れで行くことはないでしょうけど、この調子じゃおひとり様でも足を運んでしまいそうなので(^^;)


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

スポンサーサイト



16:40  |  鉄道イベント  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

全国高校鉄道模型コンテスト

もう既にこちらの方は来年のコンベンションに向けて募集が始まっており、12月中旬には第一期の締め切りが行なわれるようです。ここ数年、コンベンションのアンケート結果で寄せられているコメントを見ると、少なからずレイアウト・ジオラマ制作をしている旨が多数寄せられていて、今年のコンベンションでこのようなコンテストを行なったのも、それが影響してのことです。

日本の場合、長い間模型はテーブルの上にただ線路を敷いて模型を走らすだけという物が、主流で欧米のようにレイアウトの中で走らしたりするというのが、あまり見られなかったので、第一回コンベンションの頃はコンテストをやっても意味はなかったと思いますが、それが今ではレイアウト人口が増えて来たこともあって、コンテスト出来るようになったことはいいことと言えると思います。

ちなみに欧米では模型に限らず、鉄道趣味その物が高齢化しつつあって若年層が興味を持たなくなったため、鉄系イベントは来場者が減少傾向にあって、模型に関して言えば来場者数が最高3000人程度しかなく、日本みたいに10000人以上来場するイベントは皆無のようです。
パルラータ | 2009年10月29日(木) 02:36 | URL | コメント編集

No title

>パルラータさん
もう来年のコンテスト募集始まってるんですね。楽しみです。
鉄道趣味が世代を問わず確立されているのは日本ならではですね。
細かい作業の多い鉄道模型は、日本人の性質に合っているのかもしれません。
JAMは出展者さんたちの完成されたレイアウトに毎年うっとりしてしまいます。
みほちん | 2009年10月30日(金) 00:22 | URL | コメント編集

パンフレット

はじめまして!
そうでしたか、当会お寄りになられたのですね?
まあパンフは観光局から頂いたものです!
実は明日都内文京区区民センターで発表会やります。
あと建物ですが、全部コレクションシリーズなどのプラだと手軽ではありますが、個性が薄くなってしまいます。それで紙とか使って適当に加工すると良い様です。
日台会 | 2010年02月13日(土) 18:28 | URL | コメント編集

No title

>日台会さん
あのパンフいいですよね。
来年のJAMもぜひ立ち寄らせてください。
建物は紙で個性を発揮するやり方もあるんですね。
技術がもろわかりしそうだな・・・。
みほちん | 2010年02月14日(日) 08:40 | URL | コメント編集

台湾

有難うございます。
あと建物は、黒と茶色をまぜ、溶剤でかなり薄くしたものをざっと吹き付けると落ち着いた感じになります。
特にコンクリートの建物です(団地、工場など)

あと良かったらLINKさせて下さい。
日台会 | 2010年02月16日(火) 22:54 | URL | コメント編集

No title

>日台会さん
技術力とともにセンスが問われそうですね。
本当にJAM参加者の方々の作品は素晴らしいです。
それからリンクありがとうございます。
こちらもリンクいたしました。
みほちん | 2010年02月17日(水) 17:46 | URL | コメント編集

今年も参加決定しました。
あと4ヶ月ですね。
長い様で短いです。

日台会 | 2010年04月13日(火) 08:03 | URL | コメント編集

>日台会さん
今年も参加されるんですね。
準備に忙しいかと思いますが頑張ってください。
私も行けたらいいなと思っております。
みほちん | 2010年04月13日(火) 15:14 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mihochinw.blog22.fc2.com/tb.php/408-1ae9c510
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |