FC2ブログ

All archives    Admin

07月≪ 2020年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009'08.16 (Sun)

18きっぷでぐるっと乗り鉄の旅(1)見えないけど裏富士山梨編

九州旅行から帰ってきたばかりだというのに、もう母子でさまよってます(^^;)
本日は18きっぷで中央本線と身延線を乗り潰していきたいと思います。

P1200041.JPG最初の電車はホリデー快速ビューやまなし号。
昔東海道線で快速アクティだった紫色のオール2階建て車両です。
考えてみれば今回が初めてかもしれないこの車両。
9:06新宿発という早すぎないダイヤも魅力的ですね。







P1200020.JPG新宿副都心がだんだんと遠ざかり、車窓も都会から郊外へ。
豊田の車両基地に差し掛かると、中央線E233系に混じり場違いな新顔発見。
いいねいいねー、新型NEX。
千葉県民にとっちゃ意外と縁のない特急なんだけど。







P1200029.JPG
高尾を越えると徐々に山がちな景色が現れてきました。
大月までは河口湖行ったときの記憶が残ってるから、さほど新鮮な気はしないのですが、それでも川とパッチワークみたいな田んぼのコラボは和む。







P1200030.JPG大月からは未知の世界。
勝沼ぶどう郷駅から見えるのは、一面を覆いつくすような勢いのブドウ畑。
あぁこれぞ山梨だよ。
無性にブドウ狩りしたくなるが、それはまたの機会にね。







P1200038.JPG大月までの山あいの景色から一変、広々とした甲府盆地の見晴らしの良さ。
急に視界が開けるとはまさにこのことですね。
線路のすぐ脇までブドウ畑が迫ってくる。








P1200046.JPG甲府に到着しました。
快速でも新宿から2時間強で行けるんだ。意外と近いのね。
これから乗るのは2両編成の身延線。
車内は意外と混んでて少々息苦しい。
なかには明らかに18きっぱーと思われるグループもいるし。






P1200054.JPGさいしょは中央本線と仲良く並んで伸びている線路。
善光寺の手前で大きくカーブし、一人立ちします。
甲府を出てしばらくは、水田広がる盆地をのんびり走行。
鰍沢口を過ぎると山がちな景色に変化して、富士の麓へ向かっていることを実感させてくれます。
富士川に近づいたり離れたり・・・。





ところが途中であることに気がつきました。
座席の選択を失敗したということに。
身延線は富士川沿いに走行する部分が多いのですが、自分たちの側の車窓にはいつまでたっても現れません。
反対側を見ると・・・やられたぁ。
こういうのは事前に調べておかないと。

P1200058.JPG沿線では比較的大きな身延駅。
身延山久遠寺の門前町として栄え、なまこ壁の和風建築が連なっています。
最近では、さか・・・(ピー音w)の逃走劇で注目を浴びましたね。








P1200067.JPG山々が迫る景色も、延々と続けば飽きてしまうもの。
やっぱり近くの窓越しから富士川が見たくなったんで、時々反対側の窓に寄ったりしてました。
日本三大急流のひとつといわれる富士川だけど、車窓から眺めているぶんには穏やかな流れに見えます。







P1200065.JPG必要最低限だけくり抜いたような小さいトンネル。
一瞬だけのトリップ気分が味わえる不思議な空間。
身延線のトンネルは他の路線よりもサイズが小さいそうで、車両もトンネルに合わせた低屋根のものが長年導入されてきたそうです。







甲府を経ってから2時間少々、ようやく富士宮に着きました。
新宿~甲府間と所要時間が変わらないような気がするんだけど。
山岳路線だから仕方ないですね。


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!




スポンサーサイト



21:27  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mihochinw.blog22.fc2.com/tb.php/406-1a7d9868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |