FC2ブログ

All archives    Admin

07月≪ 2020年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009'08.12 (Wed)

真夏の九州乗り鉄家族旅行!3日目(1)そして地獄を見るのだよ

今回の旅スケジュール担当私なんだけど、3日目のことはぜーんぜん決めてないし。
ドアラの別府旅日記に感化されて、地獄めぐりに行きたいなというぐらいしか。
でも行き方わかんないやってことで、ホテルのフロントに尋ねたら、定期観光バスがあることを教えてもらえた。
こんな行き当たりばったりでいいのかしら?

別府駅から亀の井バスの定期観光バスに乗った。
地獄めぐりは別府観光のメインだけに本数も多く、乗車したバスもかなり座席が埋まっている。
時折七五調のアナウンスが混じる中、湯煙がたちこめる別府市内をバスは進んでいった。

出発から1時間以上経過していただろうか、ようやく最初の地獄にたどり着いた。
透きとおるコバルトブルーの海地獄だ。
P1190665.JPGP1190670.JPG
下手な海水浴場よりもきれいな青だが、地獄なだけに温泉卵作れちゃうぐらい熱い。
海地獄もうひとつの名物は巨大な蓮の葉。
残念ながらコドモじゃないんで葉っぱの上にはもう乗れない。

P1190696.JPG2つめは鬼石坊主地獄
灰色をした泥池からなにやらボコボコ。
つるんとした熱泥が何箇所にも出現している。
けっこう勢い良く、しかもきれいに出てくるのだが、撮影のタイミングがなかなか合わず、コンデジユーザー泣かせ。






3つめは山地獄
P1190698.JPGP1190704.JPG
山肌から噴気が立ち込めるオーソドックスな地獄ではあるが、ミニ動物園が併設され、なんとゾウまでいる。
地獄のオアシスというべきか、ちょっとした癒しの空間。

4つめはかまど地獄
1丁目から6丁目まである、姿も色もバラエティあふれる地獄。
P1190721.JPGP1190722.JPG
特に5丁目は年に数回色が変化するというレアなもの。このときは多少緑がかっていた。

そてにしてもなぁ・・・暑いよ地獄。
蒸気浴びてるうちに気がついたら汗びっしょり。これも温泉効果の賜物か。

それから定期観光バスはせわしなさ過ぎる。
見学済んだら即移動、トイレなんてもってのほか。
地獄プリン食べたいのに買う時間がない。
それでもガイドの目を盗んで(大げさ)地獄玉子を手に入れた。

P1190741.JPG5つめはワニだらけの鬼山地獄
温泉熱を利用して100頭ものワニが飼育されている。
池の中にはワニがみっしり。
気持ち良さそうにも見えなくもないが。







P1190747.JPG6つめは白池地獄
噴出時は無色透明なのに、池に落ちたときには青白くなる不思議な湯。
乳白色の温泉。入れないけど。
緑豊かな和風庭園に、なぜか古臭い熱帯魚館が併設されている(アロワナもいるよ)。






ここでバスに乗って移動。残る地獄はあと2つ。

7つめは血の池地獄
P1190755.JPGP1190762.JPG
熱い湯気の下にあるのは、多少朱色がかった赤い池。
よく見るとこの赤さは温泉ではなく泥にあるようだ。
ここで産出される赤い粘土は「血の池軟膏」として販売されている。
全国でここだけという血の池軟膏の売店があり、その佇まいがまた素敵なレトロ具合。
商品パッケージも日本の薬という感じでたまらんです。

P1190776.JPG最後の地獄は龍巻地獄
噴出の瞬間を見逃しまいと、間欠泉を観客達が取り囲む。
やがて爆発音のような音とともに、勢いよく熱湯が沸き出てきた。
観客一同、とりあえず歓声(最初だから)。そのうち慣れてくるけど。
何度も繰り返し噴出するせいで、次第に飽きてくるのも事実だったりする。







無事に8つの地獄めぐり終了ーっ。
色だけでも赤白青その他と、個性が全く異なるのはどういうメカニズムなのか?
それから最近ヘルヘル(hell)ばっかり言ってる息子はどのように感じたのだろうか。

それにしても暑過ぎませんか地獄って。
真夏のクソ暑い時に行く場所じゃないっすね(^^;)

あっ、結局地獄プリン買いそびれた。悔しーです!


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

スポンサーサイト



22:23  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mihochinw.blog22.fc2.com/tb.php/402-4e816a5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |