FC2ブログ

All archives    Admin

07月≪ 2020年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009'08.10 (Mon)

真夏の九州乗り鉄家族旅行!1日目(2)九州鉄道記念館

港からは大した距離じゃないとはいえ、真夏のジリジリとした日差しを浴びてたら気が遠くなりそうになる。
ちょっと歩くのが嫌になったが、線路を越えたら九州鉄道記念館はすぐだった。

P1190150.JPG予想していたよりもはるかに小さくて、ちょっと拍子抜け。
夏休みなのに空いてるなあ。
どこかの鉄道博物館とは大違いだ。

線路沿いの細長いスペースを有効利用した記念館。
車両展示場とジオラマがある本館、そしてミニ鉄道公園の3つに分かれている。
門司港レトロ地区という場所柄、普通の家族連れや観光客が多く、鉄ヲタ比率は皆無といってもよいほどだった。



展示車両は8台。門司港駅につながる線路と並行して保存されている。
P1190152.JPGP1190151.JPG
準鉄道記念物のC59 1号(左)と大正生まれの9600形59634号(右)。

P1190168.JPGP1190160.JPG
ボンネット電車特急481系(左)と戦前の代表的気動車キハ07系(右)。丸っこいカタチが好き。

P1190176.JPGP1190183.JPG
世界初の寝台電車581系「月光」。下段の寝台が昼間になるとボックスシートに早変わり。
3段式寝台の窮屈さはどれほどのものか?怖いもの見たさで「きたぐに」乗ってみるか(^^;)

続いてミニ鉄道公園へ。デフォルメされたJR九州の車両がチョロQみたいで可愛い。
P1190202.JPGP1190207.JPG
鉄道博物館のが有名になってしまったけど、元祖はこちらですから。


P1190209.JPG1891(明治24)年に九州鉄道本社として建てられた本館へ入る。
門司港に残る最古のレンガ造り建築だそうで。
門司港が九州の玄関口として重要な役割を果たしていたことがわかります。








館内はこぢんまりとしているものの、九州の景色を模したHOゲージジオラマやシミュレーターなどの展示は一通り揃っている。
P1190195.JPGP1190192.JPG
HOゲージのなかには九州新幹線「さくら」も。まだ開通してないのに気が早っ。
息子が関心を寄せるのはもちろん運転シミュレーターのみ。

館内展示のシンボル、明治時代の客車鉄道院チブ37。
1909(明治42)年製造でちょうど100歳。
大分の鉄道に譲渡されたのち、1971(昭和46)年まで使われていたというから驚き。
P1190217.JPGP1190226.JPG
上等御弁当(旧字体)の売り子さんに群がる乗客。旅の楽しみは昔も今も変わらない。
畳敷きの座席に時代を感じます。現代人にはお尻が耐えられんだろうなあ。
座席厨の息子はお気に召さなかった様子。

2Fの展示コーナーにも行ってみた。
P1190256.JPGP1190266.JPG
暴風雨警戒なんて古いプレートを目にして、東京に台風来てることを思い出し苦笑する。
青白ソニックの座席に座り、門司港を眺めるスペースも用意されている。
座り心地はミッ●ーマウスの頭みたいな青ソニより、革張りの白ソニのほうがいいや。
ここからの景色は、海は見えずとも門司港駅と関門橋をはっきり見渡すことができました。

P1200169.JPGミュージアムショップでトロッコ潮風号の手ぬぐい売ってました♪
さてこの後はいよいよトロッコ乗車ですよ!









人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!


スポンサーサイト



21:52  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mihochinw.blog22.fc2.com/tb.php/397-367086c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |