FC2ブログ

All archives    Admin

07月≪ 2020年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2008'12.21 (Sun)

地下鉄博物館・東京メトロ副都心線開業記念展

大掃除で夫がワックスがけをしている間、息子とちょこっと出かけてきた。
ちょうど地下鉄博物館で副都心線の展覧会をやっているらしいんで。
奴は近場過ぎると文句言ってたが、スルーしとく。

地下鉄博物館ここに来たのは1年ぶり。
奴が保育園の頃は毎週通って、小学校の入学式当日にも訪れて、千代田線シミュレーター解禁という入学祝いをしたというのに。
いつの間にかもっと遠出したいと言うようになって、それから訪れる頻度が激減した。


地下鉄博物館久しぶりに来たら、ところどころ展示が変わっているのに気がついた。
営団色が薄まり、メトロ色が強調されるようになっている(遅すぎ?)。
加えて副都心線関連の展示が登場している。
副都心線のシールドカッター、でかっ。


地下鉄博物館こんな展示昔はなかったシリーズ。
なぜ最初からこういうものを展示しないのだ?
はるか昔に三ノ輪駅で出土したというナウマン象の化石。
隣の徳利は副都心線がらみ?




地下鉄博物館またまたこんな展示昔はなかったシリーズ。
床に引かれた線路が延伸し、しかもエリアごとに「~駅」というイラストまで描かれている。





地下鉄博物館ミュージアムショップもリニューアル。
対面販売をやめて、自由に商品を手に取れる形式に変更したようだ。
副都心線グッズが加わったのも旬だなあ。




地下鉄博物館ちょっとした変化なのに、浦島太郎状態でなんとなく落ち着かない。
それでもサインシステムの展示は健在。
自分はこの展示がいちばん好きなので、そのままでちょっとホッとした。
営団色が強いのによく残ったなと思ったら、いつの間にか「営団地下鉄時代の物」なんて注釈ついてるしw

あ、もっと変わってないのがあったっけ。
それは運転シミュレーターの映像。
なんたって東西線5000系ですからw
相変わらず20年以上前の映像が残る我が地元。
詳しくは以前別のブログで書いたネタをどうぞ→こちら

地下鉄博物館肝心の副都心線の企画展はというと、特に目新しい展示はなかったように感じた。
副都心線の目的や環境等のパネル展示がほとんどで。
新宿にあった地下鉄13号線展示室に比べると寂しいものがある。

開業時のテープカットに使ったハサミを見たら、あの時の大混雑と迷走の様子が鮮明に思い出されてしまった。
地下鉄博物館だけどこの展示パネルはちょっと面白かったりする。
ご自慢のパブリックアートの紹介だけでなく、各駅ごとの発車メロディーが再現できるところが。





地下鉄博物館この断面図は地下鉄13号線展示室にあったもの。
改めて都心西側の起伏の激しさを実感させられる。
ちなみにこのあたりは西早稲田-雑司が谷間。
いちばん起伏の激しいところ。


1/12まで開催とのことなので、副都心線に興味がある方はぜひどうぞ。





人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!


スポンサーサイト



20:47  |  鉄道イベント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mihochinw.blog22.fc2.com/tb.php/338-1d72c5e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |