FC2ブログ

All archives    Admin

07月≪ 2020年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2007'10.13 (Sat)

平兵衛まつり2007(ついでに日比谷公園も)

平兵衛まつり2007その1毎年だいたい10月第2土曜に行われる「平兵衛まつり」。
国立(正確にいうと国分寺市光町)の鉄道総研がひっそりと行う地域イベントだ。
今年も昨年同様HPに記載されず。だって鉄道イベントの位置づけじゃないから。
行ったらやっててよかったホッ。


平兵衛まつり2007その2昨年とほぼ内容は同一なため、さほど熱心に見学していない私。
息子はお約束の電車でGO!コーナーまで一直線。






運転体験の証拠@平兵衛まつり2007今年こそ15名×2(午前・午後)限定の運転シミュレーターを狙いたいとの息子。
ええ、並びましたよ1時間前から。
それでも余裕で取れたのが他の鉄道イベントとは違うところ。良いことだ。
というか直前に並びださない限り整理券もらえる。

←シミュレーター中撮影禁止だったもんで、証拠の整理券をUP。
 

シミュレーターといっても、鉄道系博物館にあるのとはちょっと違う。
ここのはヒューマンエラーを追求するための実験用。
そのため踏切内立ち入り等のトラブルや、居眠り運転するときの心理状況などを調べるそうだが(うろ覚え)、「実車じゃないから緊張感出ないんだよねー」とのこと。
実験の際は外部モニターやパソコンで検証する。
この装置のモデルは小田急2000形。
運転席の左手マスコンはデッドマン装置。つまり離したら急停車するわけ。

受付時のサプライズ。担当者の方が息子の小学校OBだったこと。
こういうお役所ローカルイベントに、わざわざちばけんから来る変わり者はそういないでしょ。
なんでこんな話になったのかというと、息子が何の車両で来たとか語ったからだw

並んでる間に交代で写真撮影してきた。
ここでは昨年展示されてなかった車両を掲載。

ハイブリッドトラム@平兵衛まつり2007まずは2両連結の路面電車。元は豊橋鉄道モ3300形だった。
アメリカで保存展示されるはずが、911テロのために鉄道総研へ譲られたという異色の経歴を持つ。
架線レスのハイブリッドトラムとして改造され、実用化に向け有効活用されている。
何故か水色のほうの車体に「みっちいとらみぃ→りっちぃとらみぃ」なる謎のヘッドマーク。
どういう意味かわかんない。教えてエライ人。

キハ30@平兵衛まつり2007続いて湘南色のキハ30。今でも久留里線で使われている車両で、外付けのドアが特徴。
動力伝達方式などの駆動制御系に関する研究・開発用として使用されている。
JR九州の気動車開発にも大きく貢献した。



それから「鉄道ウルトラクイズ」というのにも参加。
答えに自信がない問題で二人分かれることにしたら、自分のが正解だった。
息子は参加賞もらってドロップアウト。
その後何問か経たところでマイクを向けられた「今の問題自信ありますか?」
私が言葉を濁していると、どういうわけかドロップアウトしたはずの息子が突進してくる。
だからお前が答えるなって(^^;)。
奴を追い払おうとした瞬間、インタビュアーの方が一言「親子喧嘩が始まっちゃいました~!」 いやいや漫才みたいなもんだしw
結局その後すぐ敗退しちゃったけどね。


遅めの昼食後は奴の希望により、日比谷公園まで足を伸ばすハメとなった。予定外だったのに全く。
到着したときには閉場時間が近づいていた。

鉄道フェスティバル2007初日息子の目的は「電車でGO!」のブース。
ここでは携帯版しかプレイできないが、それでも構わないみたい。
その間私は少しだけ買い物をした。
PASMOのフィギュアと卓上カレンダー。





物販の半分も見てないけど、次の日行くからいいや(ひとりでね)。
しかし平兵衛まつりはのんびりしてていいね。


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!



スポンサーサイト



テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用

23:53  |  鉄道イベント  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

鉄道総研も含めて、中央線には「支線」がいっぱい存在していました。
野球場とか競馬場とかへの路線ですね。
廃線跡は、今ではサイクリングロードや遊歩道になっています。
「現物に間に合わなかった」というガックリ感ひとしおです。

豊橋鉄道の架線なし走行は、TVで見たことがあります。
「線路をはがしていない廃線跡」だったら使えるかも。
実際には、無理なことではありますが...

クロンシュタット | 2007年10月16日(火) 06:04 | URL | コメント編集

>クロンシュタットさん
鉄道総研にも国立駅から引込み線があったそうですね。
考えてみれば、日本全国廃線跡は豊富に存在するんですよね。
今後さらに増えそうな予感(^^;)
みほちん | 2007年10月16日(火) 09:19 | URL | コメント編集

出身地の港町、ていうか塩竃市なのですが、
東北本線からの引込み線(通称塩釜線)がありました。
港の近くでは、踏み切り施設がまったくないまま、線路が道路を横切っていて、
めったに通過しない貨物をずっと待っていました。
運河を渡る「可動橋」もあったんですよ。

ずいぶん昔に廃線になってしまったんですが...
クロンシュタット | 2007年10月16日(火) 12:52 | URL | コメント編集

>クロンシュタットさん
可動橋がお近くにあったんですね。ちょっと羨ましい。
みほちん | 2007年10月18日(木) 10:06 | URL | コメント編集

>可動橋がお近くにあったんですね

旧佐賀線のような雄大なものではなく、10~20mぐらいでしたが。
「生まれながらの鉄」の私は、幼少の頃から幾度か、
貨物が通過しているシーンを目撃してました。
今にして思えば、とても貴重な体験なのですね。
クロンシュタット | 2007年10月18日(木) 12:46 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mihochinw.blog22.fc2.com/tb.php/218-1bd95cd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |