FC2ブログ

All archives    Admin

07月≪ 2020年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2007'05.27 (Sun)

京急ファミリーフェスタ2007

運動会から一夜明け、電王も見ずに2時間かけて久里浜まで行った。

9:30頃車両基地に到着したが、開場前だというのに恐ろしい人出。
とくに体験の整理券を求める行列がすさまじい。
乗り遅れまいと私達も運転室体験の列に加わった。

無事に整理券をもらった後は、息子お待ちかねの撮り鉄タイム到来。
まずは保存車両のデ51号と湘南電気鉄道デ1形。
どちらもなんという渋いカラー!今の時代には表現不可能な味わいだと思う。
デ51号デ1形
京浜デ51は大正生まれの日本初半鋼製車。
木製の内装には社紋が入ったグリーンのシートがよく似合う。変わった形のつり革も面白い。
デ1形は息子の大好きなクロスシート。
大きな窓から見える車窓風景はさぞかし良好だったことだろう。
最前列は運転席とロングシートが仲良く設置されている。鉄にはたまらん配置ですな。

そして車両撮影会コーナーへ。
京急BLUE SKY TRAIN京急車両撮影会1京急車両撮影会2
赤い電車もこうやってみるといろいろバリエーションがあるね。
その中で異彩を放つのがBLUE SKY TRAIN。いや本当に綺麗なカラー。
赤い電車の一群の中で、すがすがしい青色が映えていた。

京急新1000今回の目玉、新1000形。
あの京急がステンレスむき出し車両ということで、物議をかもしたやつですね。
確かに横からみると違和感がありますね。
しかし顔面だけは赤くメイクされ、京急の面目をかろうじて保っております。



京急特修工場こちらは特修工場。
赤い電車が凄いことになってるんで一瞬驚いたけど、そういうことか。
こんな状態の車両が10両近く勢揃いしてるのはある意味壮観。





しかしまあ、会場内いたるところに「特急田中3号」の影響が。
田中家が京急沿線住民だからだろうか?思いっきりタイアップしてます。
入場時に配られたのが、6人の写真が載ったクリアファイルにもなる手提げ袋。
各社の物販ブースも「特急田中3号で使われました」「特急田中3号のネタになりました」ばっか。

そしてとどめを刺すように、会場内を延々流れる京急ソング2連発。
ドラマでカラオケやってたSUPER BELL''Zの”♪大森海岸通過~” の歌と、くるりの「赤い電車」。
別に私ゃ構わないんだけど・・・ ・・・ ・・・ しつこい

京急の空箱おやつ用に京急1000形BOXを購入した。
中身はパンとマグカップ。「スワンベーカリー」県立大学駅店限定。

「スワンベーカリー」はヤマト運輸の元会長が立ち上げた特例子会社で、『光とともに・・・』のキノコ工場モデルにもなっている。
県立大学駅店は京急系列ということで、このようなBOXが誕生したわけね。

子供だましじゃないデザインが良い。きっとワタシのように箱買いした人いっぱいいるんだろうな。

帰りは車庫から旧1000系の臨時列車に乗った。
長距離歩いたり狭いバスに押し込められたりしなくて助かった。
6/10の西武でもやってたけど、車両基地までの直接輸送サービスはこれから増えるかな?

人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

スポンサーサイト



テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用

22:23  |  鉄道イベント  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mihochinw.blog22.fc2.com/tb.php/187-a3abaceb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

つり革つり革(吊革、つりかわ)とは、電車やバス (車両)|バスなどの乗り物で、立っている乗客が体を支える目的で握るために、上から吊るされている道具をいう。古くは革製のものもあったが、現在はプラスチック製のものが主流である。吊手ともいう。列車におけるつり革は、
2007/09/29(土) 17:45:43 | バストラック・ブランド最新情報

▲PageTop

 | BLOGTOP |