FC2ブログ

All archives    Admin

07月≪ 2020年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2007'03.29 (Thu)

名古屋鉄旅1日目(2)-ガイドウェイバスと秘境駅?-

赤池から鶴舞線・名城線を経由し、砂田橋にて下車した私達。
ナゴヤドームを横目に向かった先は、ガイドウェイバス乗り場なのでした。

名古屋人以外には耳慣れない「ガイドウェイバス」という乗り物、一体なんなんだろうね?
大曽根~小幡緑地間は専用軌道区間、以降はバスとして一般道を走るという。
専用軌道区間は軌道法による運行となっている。
したがってこの部分は鉄道の一種に分類されるというわけ。

ガイドウェイバス1国内唯一という摩訶不思議な乗り物をワクワクしながら待っていると、やってきたのはまるっきり普通のバスだった。
まあともかく乗ってみよう。

車内の様子も運賃精算方法もバスそのもので、全く鉄道らしさを感じさせない。それでも探せばありますガイドウェイバスらしさ。
ガイドウェイバス2
専用軌道を走っているから、当然ながらすれ違うのもガイドウェイバスだけ。
一般車両が排除された異質の空間は殺風景ともいえるが、高架から眺める住宅地の景色はなかなか快適だ。

けっこう起伏激しいね。

ガイドウェイバス3さらに運転席から頻繁に聞こえる「進入!」「進入注意!」の掛け声。
おお指差しやってる!
運転士さんがハンドル握るのは小幡緑地以降の一般道のみで、専用軌道内は案内装置による側方案内式。
タイヤの横からニョキッと出てくる小さな円盤が大活躍するのです。
だからといって乗り心地もバスのまんまだけど(揺れます)。
わずか10分ほどで小幡緑地に到着。
ここから県道に出てバスとして運行を始める。
彼方に去っていく様子をしばらく見てから、再び引き返した。


大曽根で名城線に乗り換え、今度は市営交通資料センターへと向かった。
こちらもレトロでんしゃ館と同様、名古屋の市営交通に関する展示が行われている。
都心のビルの1フロアという立地上、さすがに車両展示はないが、一応ジオラマや運転シミュレーターはあった。
息子は嬉々として運転シミュレーターに興じるが、私はもう疲れたよ・・・。
市営交通資料センター1ジオラマはタイミング悪く休憩中。
市営交通資料センター2市営交通資料センター3随所に昔の鉄道部品が散在していて面白い。


1時間ほど過ごした後、秘境駅さながらの風情を持つ定光寺駅に行ってみた。
定光寺駅3中央線に乗ること20分強、愛知県の端っこ定光寺駅。
風光明媚な川沿いに立地しているこの駅は、「列島縦断 鉄道12000kmの旅 ~最長片道切符でゆく42日~」にも登場した。
ここには一度来てみたかったんだよね。

隣の高蔵寺駅と一駅しか違わないのに、なんだこの差は。
高所にあるホームからは、目の前を流れる庄内川を見渡せる絶好のロケーション。
いかに崖っぷちのなのかがよくわかる。

地上との連絡は、長い長い階段を昇降しなくてはならない。
遊べる場所もないし、息子としてはこの階段を見ただけで不満が噴出したようだ。
いいじゃん、私の趣味入れたって。
定光寺駅1定光寺駅2階段が急っ。ホーム狭っ。
辺りはひっそりとした景勝地で、対岸には旅館も見える。
駅寄りの川沿いには人家が何軒かあるが、どれも川岸にへばりつくように建っている。
なかには水路上にガレージ兼通路を作った家も・・・。ホームから見下ろすとかなり驚くよ。

特急しなのや快速が通過するのを見送り、ようやく上り各駅電車がやって来た。
相変わらず息子は文句ばっかり言ってるが、高蔵寺でたまたま快速に乗り換えできたことですっかり機嫌が直った。
おかげで少し時間稼げたから、奴の要望を叶えるべく予定外の上飯田線に寄ってやるから。


地下鉄上飯田線上飯田線は2003年に開業した名古屋でいちばん新しい地下鉄路線。
とはいえ区間はたった一駅しかないので、あっという間に全線乗車してしまう。
息子は地下鉄車両(7000系)を期待していたようだが、見かけたのは名鉄車両(300系)ばかり。
どっちもピンクのラインで私には見分けつかないけど、鉄ヲタには重要なこだわりポイントなのね。
この時間は名鉄300系しか運用してないみたい。残念だったね。


ようやく本日の宿泊地、栄に到着。
ホテルに向かう前に、日車ゆめステーションへ行かなくちゃ。

日車ゆめ工房唯一の実店舗は、可愛い列車のディスプレイやジオラマが揃う楽しい場所だった。
日車ゆめステーション1日車ゆめステーション2日車ゆめステーション3
本体が車両メーカーなだけあって、店内には新幹線とミュースカイの座席が並んでましたが。
もうだめ、朝早くから電車乗ってばっかで寝ちゃいそう・・・。


ひつまぶし夕飯は松坂屋本店南館の「あつた蓬莱軒」のひつまぶしにしました。
母子の晩餐としてはありえない金額ですが、今回だけは特別ってことで。
で、感想ですか?
実はね・・・頭痛であんまり味わえなかったの。じゃあ食べるなって?
薬飲んで少しは収まったものの本調子ではなかったため、殆ど喉越しのよいお茶漬けで食べました。


------------------------------------------------------
【今回のお買い上げチョロQ】 あとリニモもね。

  ←傷アリ処分品を購入



人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

スポンサーサイト



テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

22:05  |  鉄な旅  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

参りました・・・。
「ガイドウェイバス」にも「上飯田線」にも乗ったことはありません。

思い返してみると名古屋に住んでいるときは、車での移動が基本だったんですよね。

東京は電車でどこへでもいけてしまうから・・・。東京に住んで、本当に生活スタイルが変わったな~と思います。
L.Reisyu | 2007年05月15日(火) 00:39 | URL | コメント編集

>L.Reisyuさん
名古屋はクルマ社会ですからねえ。
その割に変わった鉄道多いですよね。どうしてだろ?
私は自動車免許持ってないので、クルマ中心の街では住めません。
みほちん | 2007年05月15日(火) 09:50 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mihochinw.blog22.fc2.com/tb.php/175-6157be67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

スージースポーツオリジナルチョロQ スズ

 タイヤハウスが新鮮なかなか格好良いモデルでした。良かったと思います。スズキジムニーチョロQは普通に売っていないのでレアなアイテムです。ジムニー乗りなら一台買っとけ。ジムニー好きには必需品?猫じゃらしにも最適他の方の感想どうり、最高にカッコイイ!!!
2007/09/10(月) 15:16:07 | チョロQの感想

▲PageTop

 | BLOGTOP |