FC2ブログ

All archives    Admin

07月≪ 2020年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2007'03.29 (Thu)

名古屋鉄旅1日目(1)-レトロでんしゃ館と日進工場見学-

3/27(水)朝、いよいよ人生初の名古屋に到着した。

最初に向かったのは、鶴舞線赤池にあるレトロでんしゃ館
名古屋市電の車両展示を中心とした小さな博物館で、名古屋市営地下鉄日進工場の中にあります。

レトロでんしゃ館1正門脇で圧倒的な存在感を示すシールドマシン(の一部)モニュメント。
間近で見るとそれぞれの刃が欠けていて、工事の過酷さを感じ取ることができる。



館内に入り出迎えてくれたのは、黄色い地下鉄車両100形と3両の市電保存車両たち。
横浜市電保存館よりも規模は小さめだが、光あふれた館内はとても開放的に思えた。

予約もしてないのにダメもとで工場見学をお願いしたら、なんと許可を頂いた。
申し訳ない・・・次回はちゃんと事前予約しますm(..)m
そこで急遽見学の列に加わらせてもらうことに。

日進工場1最初に案内されたのは、全般検査と重要部検査を行う修車工場。
ここでは4年に1回、2万点という全ての部品を取り外し徹底的な検査が行われる。


クーラーも取り外してリフレッシュ♪

日進工場2検車工場への移動途中、待機する鶴舞線車両を目の当たりにし興奮する息子。
鶴舞線3000形ってさ、今は亡き東京メトロ東西線5000系に似てるよね。



日進工場3ここで面白い枕木発見。
赤茶色した左の枕木は、切符からのリサイクルなんだって。いずれは実用化の予定。




日進工場4

検車工場では3ヶ月ごとの月検査と、6日ごとの列車検査が行われる。
日進工場では鶴舞線だけでなく桜通線も所属するということで、桜通線車両を発見。
桜通線の車両(6000形)は運転台が右側についているのが特徴。
島式ホーム・ワンマンで統一されたため、運転席をホームに近づけ車外監視しやすいようにとのこと。

今回案内してくださった方は名古屋市営地下鉄の生き字引ともいうべき方で、技術畑として長年地下鉄や日進工場の発展に尽くしてきたのだそう。
桜通線車両や日進工場の設計にも携わってきたというから、仕事と地下鉄に対する自負がものすごい。
息子に「将来何になりたいんだ?」と尋ねたものの、奴はいつもの調子で「鉄道で日本一周!」と答えたもんだから、
「それじゃ趣味だろー!仕事は?」と困惑されてました(^^;)。

燃費面や車両など、名古屋の地下鉄のメリットをたくさん教わりました。
JRや名鉄との比較を交えてですが。

レトロでんしゃ館見学終了後、改めてレトロでんしゃ館の中をじっくり見る。

名古屋初の地下鉄車両として活躍した100形は、静かな走行音が売りだったそう。
東山線カラーにもなった鮮やかな黄色(なたね色)がまぶしい。

レトロでんしゃ館3そして路面電車たち。

2000型は地下鉄100形のモデルともなった車両で、車輪にゴムを挿入することにより騒音や振動を抑えたのが特徴。


レトロでんしゃ館41400型は展示されている3種のなかで最年長。
昭和12年に開催された汎太平洋平和博覧会の乗客輸送用として製造されたそうで、まあ今でいうリニモみたいなもんでしょうか。
「博覧会にふさわしい世界一の電車」はその後名古屋市電のスタンダードとなった。
同型のものが名古屋市科学館にて屋外展示されている。
レトロでんしゃ館5戦時下に製造された3000型は、軍需工場への通勤需要として産み出された連接車両。
上2つの電車に比べると簡素な外観ですね。




車両以外にも、市電にまつわる展示やシミュレーターゲームコーナーなどがあり、コンパクトながら充実した内容だった。
廃車車両は漁礁として海底に沈められたということをここで初めて知った。
最後に、息子がどうしても欲しかったゲームDVD「とことん地下鉄!!大名古屋」とレトロでんしゃ館ユリカを購入。
「とことん地下鉄!!大名古屋」は館内の運転シミュレーターーと同じもので、奴もさんざんプレイしまくってたのだけど、名古屋行く前から手に入れたかったそうなので。

午後はガイドウェイバスと秘境?駅、そして日車夢工房へと出かけるぞ!


------------------------------------------
名古屋人のソウルフード、スガキヤ。実は静岡県民の私にもお馴染みのファーストフードです。
ここで通販やってるよ↓



人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

スポンサーサイト



テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

21:51  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

待ってました名古屋ネタ!!

レトロでんしゃ館・・・懐かしいです。東京へ引っ越してくる前に息子と二人で行ったことがありますよ~。

L.Reisyu | 2007年05月02日(水) 22:29 | URL | コメント編集

>L.Reisyuさん
待たせすぎですね(^^;)
まだまだほんの序の口で、いつになったら完了することやら・・・。
レトロでんしゃ館行かれたことあるんですね。
同じ市電の博物館でも、横浜と違い明るい雰囲気にびっくりしました。
その分レトロさに欠ける気もしますが。
みほちん | 2007年05月02日(水) 23:56 | URL | コメント編集

はじめまして。小3の息子がプチ鉄(笑)なので
みほちんさんに似てるかな?まだまだ私も息子もプチなのでいろいろ教えて下さい!今までは地元の樽見鉄道や長良川鉄道や名鉄美濃町線(今は亡き路面電車~)で静かに楽しんでいましたが6月には大井川鉄道SLデビューします。まんが喫茶で鉄子の旅でも読んで勉強しよかな。ではまた来ますね!

ゆっき | 2007年05月30日(水) 09:01 | URL | コメント編集

ゆっきさんはじめまして(^^)
岐阜の方でしょうか?
鉄子の旅にも今は亡き岐阜の路面電車が登場しますよ。
大井川鉄道いいですねえ。
私も一度乗ったことあるけど、非鉄の母との珍道中だったんでちょっと消化不良というか。いつかじっくり乗りたいです。
SLの見える温泉いいですよー。温質もすばらしい!
今日中には2日目編UPしますので、お楽しみに♪
みほちん | 2007年05月30日(水) 12:05 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mihochinw.blog22.fc2.com/tb.php/173-3a467357
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |