FC2ブログ

All archives    Admin

07月≪ 2020年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006'11.19 (Sun)

東武ファンフェスタ2006

11/19日曜日。いよいよ今秋のイベント最終日(うちらが行く予定の中では)。
江ノ電タンコロまつりと東武ファンフェスタのどちらにしようか前日まで悩んでいた息子だったけど、臨時列車があるという東武のほうを選んだ。

北千住駅に着いたのが朝8:30過ぎ。
臨時列車の発車時刻よりも30分以上前に着いたのに、既に長い行列ができていた。
その後も列に並ぶ人が後を立たない。
親子連れを除いた人たちが、発着の電車や行先案内板などを「珍しい」とか言ってばしばし撮影しまくっているが、どこがどう珍しいのかさっぱりわからん。
そうこうしているうちに、やっとお目当ての電車がやってきた。
東武ファンフェスタ号 東武ファンフェスタ号の座席←座席と壁からテーブル出現。
今回の臨時列車は元・特急りょうもう号だった1800系車両。
特急だった列車だから座席数は多いのだが、逆に立って乗り続けるのが難しいわけで。
幸いにも座れたが、狭い通路に立ち続ける人々に囲まれちょっと肩身が狭い。
かつての特急用車両とは思えない車内混雑のなか、一時間ほどで南栗橋駅に到着。
恐ろしいほどの人ごみの駅構内をくぐり抜け、送迎バスを敬遠してひたすら歩くこと15分、やっと会場到着・・・かと思ったら、入場制限かいorz。
天候のすぐれないなか、みんなようやるわ(自分らも)。

入場してまずは早めのお昼ご飯とした。
ラーメン屋台の行列に心を動かされつつも、結局買ったのはまた駅弁。
今回は「この日のための」東武ファンフェスタ弁当なるものを購入した。
東武ファンフェスタ弁当 玄気いなり
包装紙はイベントらしくて良いのだが、いかんせん中身が・・・。
息子も途中でギブアップして(たこ焼き食べてたからなー)、私も少しつまんだけど・・・微妙だ。
一緒に買った玄気いなりはなかなか美味しかった。
玄米のつぶつぶ感が意外とお稲荷さんに合ってる気がした。

午後になり雨も降り出してきたが、車両工場の昼間閉鎖中、先に車両撮影会のほうに行ってみた。
当たり前だがものすごい人で撮影も大変。
息子もカメラ持参で行ったのに撮れなかったって。残念だね。
そのかわり母が撮っておいたからw
ファンフェスタ車両展示1 ファンフェスタ車両展示2 ファンフェスタ車両展示3
現役特急たちの顔面には東武ファンフェスタ」というステッカーがぺたんと。
先ほど私たちを運んできた1800系も鎮座してますね。帰り際に再び見たときには、1800系のヘッドマークが「団体専用」というそっけないものに戻ってました。
なぜか他社のステンレス車両があるんですけど(笑)、伊豆急カラーの東急8000系(でいいの?)だそうで、伊豆観光のラッピング車両(伊豆のなつ号)になっておりました。

続いて車両工場見学。2年前に完成した工場だから中はとてもきれい。
体験コーナーもいろいろありました。
東武ファンフェスタ・車両工場1 東武ファンフェスタ・車両工場3
マスコン体験はいろんな車両のがあって、もちろん息子は全部制覇。
東武ファンフェスタ・車両工場4ブレーキ操作体験東武ファンフェスタ・車両工場2お約束の車体吊上げ実演。
一通り廻り終えた頃には雨足もすっかり強くなってきた。
閉場時間が近かったこともあり、人もかなり少なくなっている。
さっきまであれほど並んでた制服撮影コーナーも、もはや誰も並んでいない。
なので帰る前に撮っておきました☆
東武ファンフェスタ・制服撮影
大人用の制服もあったけど(着てる人がかなりいた)、私はちょっと。

帰りは誰かさんの強い主張により特急に乗りました。
帰りはりょうもう号
最近このパターンが多くないか??
でもまあ東武の特急乗るの初めてだし、実はちょっと嬉しい私。
東武動物公園駅で1時間近く待つのもどうかと思うが(^^;)。
この駅はりょうもう号しか停車しないんだけど、奴はスペーシアのほうが良かったみたい。これ以上贅沢言うなと。


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!



スポンサーサイト



テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用

21:58  |  鉄道イベント  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

おはようございます。
雨の中でのファンフェスタお疲れ様でした。
それにしても、入場制限までかかるとは凄いイベントですね。
でも、ご子息は大満足のご様子で良かったですね。
どてかぼちゃ | 2006年11月28日(火) 04:51 | URL | コメント編集

>どてかぼちゃさん
でも西馬込のに比べたら全然余裕でした。
広いぶん中に入ったら激しく窮屈というわけではなかったし。
南栗橋は遠いですね・・・。
本数の少なさに驚きました。
みほちん | 2006年11月28日(火) 19:50 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mihochinw.blog22.fc2.com/tb.php/134-7f9dfcbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |