All archives    Admin

04月≪ 2012年05月 ≫05月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012'05.04 (Fri)

究極の鉄道模型展

P1190653.JPG東京タワーで5月6日(日)まで開催中の究極の鉄道模型展in東京タワーへと行ってきました。

今年の夏横浜に開館する原鉄道模型博物館のプレ展示にあたるこの展覧会。
「究極の」と激しく壮大なタイトルを冠しておりますが、御年93歳の原信太郎さんの手にかかった鉄道模型の数とクオリティは誰にも真似できないからゆえ。
80年もの年月をかけて極めた重みが、ひとつひとつの鉄道模型に反映されていました。

鉄道模型制作に対する熱い思いは、ほぼ日での息子さんの対談に詳しいです。
 ほぼ日刊イトイ新聞 -とんでもない鉄道模型とすごいテレビ電話の話。-
南アフリカ滞在中の話は想像を絶する世界(いい意味で)。



総数は6000両にも及ぶというコレクション。
原氏の鉄道模型の凄さは、本物の車両と同じ構造で細部まで忠実に再現されているところ。
P1190699.JPG
実物も同じなのかもしれないと思うとぞくぞくします。

国内海外問わず展示された車両たち。
海外のや昔の車両は趣があっていいよねーと、興奮しながら見入ってしまいました。
P1190668.JPG
窓の形ひとつとっても粋ではないか。
P1190670.JPG

世界初の電機運転の地下鉄で知られるブダペスト地下鉄。世界遺産にもなっています。
P1190677.JPG
無骨な木造の車両が開業当時のものであることを想像させます。

おおなんだこの構造は?
蒸気動車というそうで、日本ではあまり見かけないタイプだったそう。
こちらは奈良の初瀬軌道で走行していた車両だそうです。
P1190700.JPG

特に自慢のコレクションはVIP扱いの展示。
P1190672.JPG
そのなかのひとつ、西ドイツ国鉄E03形(後の103形)。
説明書きには実物の営業列車を運転したことがある?!
エピソードもVIP過ぎて雲の上の世界。

鉄道模型に人生を捧げた原点にあたる古びたブリキの電車。
この電車で遊んでいた瞬間、関東大震災に遭遇したといいます。
P1190657.JPG
当時4歳。関東大震災の前に生まれているだけで驚きです。

13歳で自作した電気機関車の車両。
P1190656.JPG
緻密な再現力はそんな年齢からもう発揮されていたのですね。

食堂車のディスプレイやらステンドグラスやら、小道具までも徹底的に凝ってるところも凄い。
P1190660.JPG
乗客クローン状態でむちゃくちゃ面白い。


展示を見て感じたことは、
好きなことに夢中になり続けることはどんなに幸せなのだろう、ということ。
恐らく経済的に恵まれた家庭に育ち、仕事人としても順調(コクヨ専務)だからこそ可能であったと想像できますが、それらも全て熱中していることのためにあるならそれ以上の幸せはありませんよね。
奥様もお子様もたいへん協力的みたいですし。

原氏の学生時代におけるエピソードで印象に残ったものがあります。
「自宅では全ての時間を鉄道模型に充てるため、授業内容を学校で全てを覚えるようにし、授業を真剣に聞き宿題は休み時間に終わらせた」
やるべきことには手を抜かず、趣味の世界もとことん極める人生そのもの。


今週日曜日で終了ですが、鉄道に興味のある方はぜひ。
詳細はホビダスのブログ参照(そういえば取材風景目撃したんだった)。

人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型 - ジャンル : 趣味・実用

10:13  |  鉄道イベント  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012'05.03 (Thu)

0泊3日関西放浪、メインは奈良。

往復夜行現地宿泊なしで大阪に来てしまった私たち(3/31夜出発4/2朝帰宅)。
息子は撮り鉄しに和歌山まで、私は天保山の渡し船に乗ってから奈良までひとっ飛びいたしました。
※今回の大まかな流れは前回のブログをどうぞ。


4月になりたての、桜まだ咲かぬ奈良の地へとやって参りました。
短い滞在時間を活かすため、遠出せず初めての場所をぶらつくことにします。

その前に本日の主目的。
P1180748.JPG
はるばる奈良までやってきたのは朱鳥の手ぬぐい買うためなんだから!

早くも目的達成したので、あとはぶらぶら。
P1180747.JPG
せんとくんまんとくんなーむくん、今は仲良くやってんだね。

ゴージャスな招き猫たちの目がきらーん
自称セレブ猫だそうでw
P1180900.JPG

偶然にも中谷堂の高速餅つき実演(公式HPに映像あります)に遭遇。
外国人観光客を含めかなりの人だかり。
P1180902.JPG
よく手怪我しないよなと感心しながら見ていたら、終了直後にその場であんこを包んで販売していました。
こんなん見せられたら迷わず買っちゃうでしょ。


中学の修学旅行以来、奈良を訪れる機会はあれど、大抵は奈良公園歩くだけで力尽きてしまうのでありました。
そこで今回は少しだけ足を延ばしてならまちへ。

平城京の外京として多くの寺院が置かれていたことが幸いし、平安遷都以降も維持されてきたならまち。
江戸や明治の頃に建てられた町家が軒を連ねています。
P1180765.JPG
スイーツかと笑われそうですが、古い町並みは国を問わず好きです。
年取ったせいもあるんでしょうね。
P1180772.JPG

ならの町家は間口が狭く奥行きの広いつくり。
中庭の奥に離れや蔵があり、渡り廊下でつながれています。
P1180798.JPG
しかしこの建物は昔の町家でなく、平成に入り復元されたならまち格子の家。

ならまちには人間の不幸や災難を変わってくれる身代わり猿というのをよく見かけるのですが…。
P1180813.JPG
これはでかすぎやろw しかもなんか卑猥に見えなくもないし。

ならまちに建つ元興寺。
日本最古の屋根瓦(まだらな色の部分です)で知られています。
P1180860.JPG
飛鳥時代の瓦が残っているとは何という浪漫なのか。


猿沢池の先にある階段を上がると、出迎えてくれるのは鹿シカ鹿。
奴らは鹿せんべいのために、近づいた人という人に首振って媚びまくっております。
P1180878.JPG
わかっていてもつぶらな瞳にヤラれてしまう。さすが神の使い手や。


興福寺に入ろうとした途端、雨が降り出してきました。
東金堂から国宝館への移動も億劫になるほど。
なんでこのタイミングで降るかなあ。
この頃息子のいた和歌山は晴天だったそうで。ますますなんだかなぁ。

興福寺は今回が初めてだと思う。
友達にそう言ったら驚かれたけど、修学旅行でも行った記憶がないのですよ。
P1180886.JPG
興福寺のシンボル阿修羅像はイケメン少年のお顔をしていました。
つい阿修羅像ばかりクローズアップされがちですが、他の像も個性的な顔立ちで(鳥人みたいなのとか)飽きません。
リニューアルされた国宝館の展示方法も素敵です。

東金堂入口にある暖簾のような幕。
P1180887a.jpg
鹿さんです。そりゃまあ神の使いですから。
同じ柄で手ぬぐいあればいいのに。


商店街に戻って擂茶(れいちゃ)ぜんざいでひと休み。
お茶といっても雑穀や豆類などを擂ったものですから、日本人的には餅入れたくなるわな。
素朴なほっとするお味でした。いつの日かぜひ台湾の地で飲みたいよ。
P1180903.JPG


さて大阪に戻りますよ。→ブログの記事も前回へ。

人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行記 - ジャンル : 旅行

18:12  |  鉄な旅  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。