All archives    Admin

03月≪ 2012年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012'04.20 (Fri)

0泊3日関西放浪記

もともと遠征する気はなかったのですが、息子がどうしても春休みに関西撮り鉄したいというのでついて行くことに。
もちろん現地別行動、昨年とは異なり現地では宿泊いたしません。


3月31日土曜日、夜行バスで大阪へ。
直前予約でながら指定席券は入手できなかったといういつものパターン。

翌4月1日日曜日早朝、梅田着。
朝マックして息子と解散。
なんか奴は阪和線の葬式に行くとやらで(113系阪和色さよなら運転だそうで)。葬式厨乙。

私は何して過ごすかというと…。
生まれ変わったダンジョン大阪駅をさまよいたいのはやまやまですが、
P1180710.JPG
早々に関東では絶滅済のオレンジ色した201系に乗って
P1180713.JPG
いつの間にやら眠りの彼方。
20分後、爆睡から目覚めた地は桜島駅でした。

駅にはこんな派手な車両が停車中。
さっきと同じ201系だと知りつつも←より化石に近い103系ですね。失礼しました。
やはり乗ってみたかった 。
P1180714.JPG
しかし今回の目的地はUSJではありません。
USJ従業員専用改札なるものをチラ見しつつ、いざ渡船場へ。

昔から乗ってみたかったんですよ。大阪の地味な名物、渡し船。
観覧車のある対岸の天保山へ3分少々のトリップしましょう。
P1180719.JPG
がらんとした日曜朝の乗り場。
なんとなく南海汐見橋駅ホームを思い出しました。あそこまで寂れちゃいないけど。
P1180722.JPG
微妙にレトロな時刻表。意外と本数少なくてローカル線みたい。
P1180721.JPG
船が来ましたよ。桟橋が激しく揺れまくる。
P1180723.JPG
出発…おっと、揺れるゆれる。
船内は座席もなくがらんとしています。自転車の持込OKでまさに地元の足。
P1180725.JPG
観覧車と豪華客船が目前に迫ってきて、短い船旅があっという間に終わってしまいました。
P1180730.JPG
停泊中の豪華客船は日本郵船所有のクリスタルセレニティ。
P1180718.JPG
香港から大阪への18泊の旅を終え、この日の晩に太平洋へ向け旅立ってしまうと運命。
船との出逢いは偶然のたまものだったのね。
観覧車との並びが絵になりすぎています。良いもの見させてもらいました。

日本一低い山の天保山に登頂しました。標高4.53m。
P1180737.JPG
インタビュー記事によると、万が一遭難したら山岳救助隊が助けてくれるらしいですよw
(台湾のガイドブックに大阪名所として紹介されてるとは、さすが台湾さんハンパねぇ…)

観覧車にも乗らず海遊館にも寄らず、ツタンカーメン展(夏に東京でもやるそうです)鑑賞するわけでもなく。
地下鉄中央線大阪港駅から奈良までひとっ飛びいたします。
またしても車内では爆睡三昧。


(ブログもひとっ飛びします:奈良編はこちら


↓↓↓

夕方になって大阪に戻りました。
新しくなったJR大阪駅を見物しがてら土産を買い込む算段。
といいつつも、ゆっくりできるほど時間はない。
大丸ミュージアムで開催中の羽海野チカ原画展も、チケット購入するだけで1時間以上待ちと告げられ断念。
しかもお土産何買うかで思った以上に時間をとられ、結局ろくにさまようこともできず。
551蓬莱のチルド豚まん新大阪まで行かないとあかんかったか…。

とりあえずホームを見下ろす形で撮り鉄もどき。
P1180920.JPG
撮り鉄の皆さん、ここは三脚禁止ですってよ。

1F日本旅行内にあるJRおでかけプラザのジオラマ。
題材はもちろんJR西日本。Nゲージの定時運行もやってます。
P1180906.JPGP1180911.JPG
もっと大規模なものを想像していたらそんなことなかった。

大丸15Fにある太陽の広場に出てみたら、阪神百貨店の屋上が見えました。
P1180930.JPG
再開発著しい梅田界隈では化石級の存在。しかもハルヒの聖地だったんかい。


天王寺駅で息子と合流し、あとはひたすら大垣に向かうのみなのですが。
予定より1本早い電車に乗れて余裕かましてたのも束の間、長岡京あたりでしばしの緊急停止タイム。
向日町駅で構内踏切が折られたとかなんとか。
10分強の遅れで済んだからよかったものの、米原で接続しているはずの電車には乗り継げず、結果的に大垣到着時刻は当初予定していたものとなったのでした。

大垣といえばムーンライトながらですよね。
P1180939.JPG
驚いたことにこの日(4/1)の大垣発が今春の最終便。
わずか9日間しか運行されないなんて、嫌でも存続の危機というのが頭をよぎります。それは困る。


ということで、0泊3日のプチ関西遠征でした。
実質日帰りみたいなもので、どれだけ現地で過ごせるか心配していましたが、意外と行動できるもんですね。
こういうバカンスもありだと思いました。

ま、息子には
「おまえのせいで鉄仲間と一緒に帰れない」とか帰りの車内でずーっと言われ続けましたけどねっ。
親抜き宿泊遠征は高校生になってバイトして自腹切れるようになってからにしてくださいよ。

人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅 - ジャンル : 旅行

03:51  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2012'04.04 (Wed)

やたら遅い梅の花を愛でるおひとり様の旅

お久しぶりです。また間隔あけてしまいましたm( ._. )m
なかなか春にならないし、寒いし眠いしで、出不精に磨きをかけておりました。
しかし最近ようやく暖かくなったことだし、また今春も息子の関西遠征に同行することに(現地別行動ですよもちろん)なったので、18きっぷで日帰りの鉄子してきましたよ。


ラッシュアワー終盤あたりの下り常磐線。
土浦で車両切り離しを見物して、引き続き電車に揺られます。
P1180390.JPG
そして着いた地は水戸!

さっそく駅前の駐輪場で自転車借りて、さわやかな晴天の下サイクリング。
P1180394.JPG
橋の欄干も梅とはさすが水戸。

道に迷いながらも千波湖に到着。
IMG_0211.jpg
鳥がいっぱい泳いでてテンション上がります。
特にヒドリガモと黒鳥が多かった。

黒鳥はいわゆる外来種であり、ここにいるのも飼い慣らされたものだと推測されます。
だからといってあなたたち、人慣れし過ぎではありませんか?
IMG_0201.jpg
こっち見んな。
IMG_0212.jpg
陸に上がってペコペコお辞儀してくんなw
奈良公園の鹿か?

首かしげてるマガンが愛嬌あって可愛い。
P1180483.JPG
まあ偶然だと思うけど。

千波湖のほとりのカフェで早めのお昼ごはん。
自分は頼んでませんが、白黒スワンのシュークリームがショーケースに並んでました。
P1180463.JPG

食後のデザートは梅ソフトクリーム。
P1180482.JPG
すごく…梅でした。

お約束の水戸黄門顔ハメ看板もあります。
P1180477.JPG
記憶の限りでは、誰も顔ハメ試みてる人はいなかったと思う。

カフェ屋上から見た千波湖。
P1180481.JPG
長い冬の影響か、桜の咲く気配は全く見られませんでした(3月29日現在)。

偕楽園へ向かう途中の歩道橋。
観光客に紛れ、バズーカ砲抱えた撮り鉄の方々を発見。
と、いうことは…。
P1180508.JPG
フレッシュひたちキターー!!
背景には満開の梅。最高じゃないですか。
P1180505.JPG
反対側には(臨)偕楽園駅。
梅まつり期間中とはいえ平日は閉鎖中でした。

偕楽園隣の常盤神社。
屋台では梅の盆栽を販売していました。
P1180516.JPG
茨城ちっくな屋台といえば、納豆の揚げ春巻き風なんてのも(当然買ったわよ)。

境内で猿回しやってました。
P1180534.JPG
賢い猿やなぁー。けどたぶんこの猿と人成田山で見たことある。

偕楽園の梅は3月末にようやく満開という超スロースピード。
あまりの遅さに梅まつりも会期延長となったほど。
P1180542a.JPG
春休みと好天が重なり、平日だというのにめちゃくちゃ混雑していました。
自分も含め考えていることは皆同じ。
中華系メディアの旅番組かなんかのロケも目撃しました。
P1180559.JPG
まとまった数の梅の花を見ることがめったにないので、感動したのはもちろんのこと、不思議な気もいたしました。
P1180620.JPG
一生分の梅の花を見たのではないかと思うほど。
P1180595.JPGP1180546a.jpg
色と枝垂れの有無ぐらいしか見分けつきませんが、梅の種類がたくさんあることは理解しました。

見晴らしの良い高台に建ったら、真下には線路。
時刻調べたら、少し待てば電車来るらしい。そりゃ待ちますよ。
P1180577.JPG
またまたフレッシュひたちキターーー!!!

自転車返却の時間が迫りつつある中、次の場所へ移動。
P1180628.JPG
目的地は水戸芸術館。
背高オブジェで有名な建物ですよね。
P1180647.JPG
震災で損壊した名物のパイプオルガン。
1年越しの修理が完了し、再び演奏できる日を迎えたとの記事が、ちょうどこの日の新聞に出ていたそうです。

GWまで開催中の「ゲルダ・シュタイナー&ヨルク・レンツリンガー-力が生まれるところ」展を鑑賞。
日本の美術展にしては珍しく撮影自由でした。
P1180639.JPGP1180643.JPG
鳥の剥製が天井を舞ってたり、オブジェの下で寝転んだり、鑑賞者の涙を顕微鏡で覗いたりと、正直ヘンな展覧会。
もう少し時間があればよかったのにと思う。


もう若くはないので鉄分控え目ですが、こんな感じでぼちぼち楽しんで出かけられたらと思います。

人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行記 - ジャンル : 旅行

22:29  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。