All archives    Admin

07月≪ 2011年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.24 (Wed)

JAM-国際鉄道模型コンベンション2011

20日土曜日に行ってきました。
前日みたいなゲリラ豪雨にも遭わず、曇りだけど暑くなくて助かった。

P1140766.JPG 今年のテーマは「ずっと鉄道少年、東北の鉄道を応援します」。
震災支援として、被災され出店できなかった仙台の業者さんの商品や被災地の鉄道グッズなどが販売されていました。
その流れで支援Tシャツとマグカップも限定販売。

P1150098.JPG

業者出店のなかでもっとも気になったもの。
本邦初公開「鉄どおるハウス」(参考出展)という24系25型寝台客車の模型なんですが、なにこのリアルさ…。
まるでドールハウスのよう。寝たい。

鉄道模型たしなむ方には申し訳ないけど、わたくし車両よりもジオラマ眺めるほうが好きなのですよ。
鉄模に詳しくない自分としては、細部へのこだわりを見いだすのが楽しみだったりします。
というわけでツッコミ入れつつそれらを紹介したいと思います。

西欧っぽいジオラマには無条件で萌ゆる。
P1140825.JPGP1140936.JPG
いやいや日本の情景だって負けてないですよ。
P1150058.JPGP1140860.JPG
P1150113.JPG ヌーディストビーーーチ!!!
全裸ビーチバレーなう!
もちろん日本の海じゃないですよ。
P1140841.JPG なんという透明感と波しぶき。
スリリングな水流がリアルに伝わってきます。
P1140947.JPG ボタンを押すと人形が動いて車両清掃。
かつての国鉄闘争みたいな物々しさを感じますが、よく見ると書かれているのは「鉄道模型小遣い廃止反対!!」。
P1140902.JPG

毎年出展されている日台鉄路愛好会。
翌週の台湾旅行を控え、出展者の方々にいろいろ尋ねてきました。
平渓線ヽ(^◇^*)/
台湾高鉄 ヘ(゚∇^ヘ)(ノ^∇゚)ノ 
SL撮り鉄のことを聞くのは勇気いったw
皆様親切に教えてくださってありがとうございました!


2009年の登場以降、鉄道模型界に多大なる影響をもたらしたと思われる人物フィギュア、その名も「撮り鉄」。
そりゃもう生身の撮り鉄同様、至るところに神出鬼没ですわ。
P1140843.JPGP1140979.JPG
P1150049.JPGP1140995.JPG
今回のJAMではこいつら見つけるのに血眼になってたような気がするw
P1150099.JPG あ、この人たちは撮り鉄じゃありません。

今年は例年以上に高校生の出展が増加し、高校生対象のコンクールも大々的に執り行われていました。
P1150139.JPG 最優秀賞はやはりというか岩倉高校。
日大三高ジオラマの垂れ幕は、甲子園優勝でなく出場おめでとうでした。
P1150143.JPG 高校生の出展者のなかになぜか女子高が。
鉄道模型制作にも鉄子が参入したのかと思いきや、こういうことらしいw
未来を担う高校生の活躍を後押しするのは良いことなんだが、そのぶん一般の出展者が減っているような気もしないでもない。
来年以降もこの路線かな。

しかし今年いちばんの私的サプライズは、屋外展示の象徴ともいえた市川蒸気鉄道クラブが出してないことでした。
今年から静岡のライブスチームイベントに出展変更したそうで。
真夏のビッグサイト屋上は身体に堪えるものね…。


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用

14:42  |  鉄道イベント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.22 (Mon)

こんな時だけど旅に出た:2日目(2)けいおん!!聖地巡礼

※2011年3月下旬に関西行ったときの話の続きです。
 前回までのお話はこちら→こんな時だけど旅に出た:1日目(1)京とれいんと神戸電鉄
           こんな時だけど旅に出た:1日目(2)有馬温泉と阪神大震災の現場から
           こんな時だけど旅に出た:2日目(1)車両工場詣と和田岬線
---------------------------------------------------------------------

2011年3月28日月曜日の昼下がり。
大津と彦根のご当地銀座取材を終えた私は、彦根駅で息子と合流。
近江電鉄に乗って向かった先は…豊郷駅!

P1130028.JPG 近江電鉄といえばガチャコンという通称。
吊り掛け車両の走行音からきているそうですが…すいません、違いがよくわかりません(汗
西武鉄道の系列なため元西武の車両が主流で、なかにはライオンズカラーの車両も走っています。
P1130032.JPG 途中の高宮駅で看板車両のあかね号発見。
近江鉄道100周年として鳴り物入りで登場した元西武401系改造車。
前面の傾斜を帯びた形状やら転換クロスシートやらが観光列車の装いですが、ルーツは上写真の黄色い電車と同じというから驚きです。

豊郷駅着いたら行くところはひとつしかありません。
道中怪しげな飛び出し防止看板や
P1130055.JPGP1130052.JPG
怪しげなポスターなどを多々見かけますが、軽くツッコむぐらいにしておきます。
P1130040.JPGP1130050.JPG

予想以上に駅からの距離を感じつつも、なんとか開館時間に間に合いました。
P1130059.JPG 建て替え騒動から早10年、今やけいおん!!の舞台として知られる旧豊郷小学校です。
いい大人がアニメの聖地巡礼なんてさw

いやあの、中学生の坊主がですね、「川重兵庫工場とけいおん!!聖地に行きたい」とリクエストしてきたわけですよ。
いつの間にけいおん!!好きになってたんですかあなた。
P1130086.JPG 旧校舎は保存施設として見学できるいっぽう、図書館や子育て支援などの町の施設としても使用されています。
P1130065.JPG けいおん!!にもしばし登場していた旧校舎のシンボル、階段のうさぎとかめ。
毎日こんな階段のぼりおりしてたんか。当時の小学生達が羨ましいな。
P1130093.JPG 長く延びる木の廊下と上下に開く窓。
何かの罰則は廊下の水拭きが定番だったのでしょうか。
けっこう長いから大変だったと想像。
P1130090.JPG 教室の中も懐かしいの一言。
窓の向こうには豊郷小学校の新校舎が見えます。
P1130091a.jpg 廊下には児童たちの作品と思われる壁画。
でもなんで大津駅なんだろう?
結構遠いのにね。
P1130101.JPG 音楽室に積まれていた鼓笛隊の太鼓。
自由に叩いても構わないそうだ。
気取りがなくて好感持てますね。

最上階まで行くと、いよいよけいおん!!ワールド全開。
P1130113.JPGP1130109a.jpg
ここだけ明らかに空気が異なりますね。なんだこのやたら濃い空間はw
(右側の写真のみクリックで拡大します。ヲタが持ち込みまくってるんだろうなきっと…。)

P1130106.JPG けいおん!!といえば放課後ティータイム。
ふつう高校の部室にティーセットとボードなんてありませんよね。
自分も高校時代(軽音部に非ず)部室で毎日だらだらとお菓子タイムに精を出してましたが、ティーセット持ち込む発想はなかったw
P1130112a.jpg 黒板の落書きはタイムリーなネタだらけ(震災直後でしたから)。
連載再開を祝うものや、震災にむけてのメッセージに混じり、ヤシマ作戦とかポポポポーンとかw

←クリックで拡大します。私は何も書いてないよ。

息子をはじめアニヲタの大きなお子様方は知らないと思われますが、やはり私の頭の中には10年前の建て替え騒動が強烈な記憶として残っています。
タナボタ的なものとはいえ全国から見学者を集め、町の施設としてもお役に立っている現状を思うと、最良の形で解決できたのかなという気がしました。
当時の町長さんは今年4月の統一地方選で県議に当選したそうで、このときは選挙前ということもあり町のいたるところでポスターを見かけました。個性的な髪型もそのままでw


彦根に戻ったものの、まだ夕飯には少し早い時間帯。
息子のせいで駅前の某家電量販店でしばらく足止めくらい、なんとなく駅に戻ったら大垣行の電車が発車間近。
ええい、思い切って大垣行っちゃえ!

その前に、彦根駅帰還直後に撮り鉄した車両基地のガチャコンと仲間たち。
平日なので近江鉄道ミュージアムは開いてませんでした。
P1130122.JPGP1130127.JPG
現役も保存車もごっちゃになってるってことで合ってますか?

すし詰めの電車に乗ること1時間、大垣に着いたときにはすっかり夜も更けてしましました。
夕飯食べるところないかと本屋でガイドブックや地図を見ていたら…ありました駅裏にショッピングモールが。
アクアウォーク大垣
こういう情報はやはり現地の地図がいちばんですね。
ガイドブックの地図では観光に関係ない地域は載らないし。

一部店舗は22:00まで営業というから、この場所でかなりの時間を潰せます。
ついでに夕飯と食料買出しもできて助かるわ。

P1130132.JPG旅の終わりを飾るのはムーンライトながらです。
初ながらをとっても楽しみにしてたけど…あまり語りたくない(苦笑)。
寝心地や息子の態度といったことではなく…(以下略)。





人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

14:40  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.20 (Sat)

こんな時だけど旅に出た:2日目(1)車両工場詣と和田岬線

※2011年3月下旬に関西行ったときの話の続きです。
 前回までのお話はこちら→こんな時だけど旅に出た:1日目(1)京とれいんと神戸電鉄
           こんな時だけど旅に出た:1日目(2)有馬温泉と阪神大震災の現場から
---------------------------------------------------------------------

2011年3月28日月曜日。
朝いちで向かった先はJR新長田駅。
P1120763.JPG このあたりは阪神大震災の被害が大きかった地域。
再開発により焼け野原からマンション街に生まれ変わりました。
復興のシンボルとして建てられたのが鉄人28号の像。
空高く突き出す拳がかっこいい。
P1120765.JPG 公園のど真ん中でポーズ決めてます。
高さ15.3m(直立時設定18m)もあるだけあって、足元に近づくとやはりでかい。

駅に向かう通勤客をよそに、息子とひたすら撮り続けていました。
場違い感たっぷりだけど気にしない。

鉄人とお別れして、修行増のようにひたすら歩き続けます。
P1120774.JPG 20分以上歩いて疲れた身に現れたのは…
0系新幹線!特急こだま号!!
日本の高度成長を支えた車両たち。
ちなみにこちらのこだま号、「ALWAYS 三丁目の夕日」の撮影に使われたとかなんとか。
そしてさらにもう少し進むと、
P1120782.JPG

川重兵庫工場キター!!
あれに見えるは千代田線16000系じゃないですか。
左側には京急新1000形(ステンレスむき出しのやつ)も見えますね。
P1120783.JPG 車庫の奥にある赤くて派手なのはJR九州?
…だとばかり思い込んでいたら、実は全然そうじゃないそうで。
NYのメトロノース鉄道というところのM8が正解。
日本の車両製造技術を思い知らされます。
P1120777.JPG 出ました新幹線!
おそらく九州新幹線「みずほ」「さくら」のN700系。
先頭車のカモノハシでないのは残念。

メトロと京急と新幹線車両が並ぶ姿なんて、完成後はまず見られませんよね。
もしや我々はとんでもなく貴重なものを目撃しているんじゃなかろうか。
工場の周りをてくてくと歩いていたら
P1120787.JPG

銀色のカモノハシ発見!
塗装前のN700系ですが、これも「みずほ」「さくら」なのかな?
ここでは見慣れた光景でしょうけど、近くに住んでなければめったに見られませんからね。
自然とテンション上がります。
P1120789a.jpg その隣にあるのはなんだ?見たことない車両だぞ。
息子に聞いたら台湾じゃね?という返事。
半信半疑で調べてみたら大当たりでした。
台北の地下鉄車両とのことです(こちらのブログが詳しいです)。
まだ営業運転していないタイプの車両ではないかと思われ。
P1120792.JPG 運河の様子をなんとなしに写していたら、和田岬線の鉄橋発見。
車両が走ってくれればなお良かったんだけど、タイミング合うわけもなく。
後で調べたらこの鉄橋、旋回橋と呼ばれるレアなものなんだそう。
今は固定化されていますが、かつては船舶運行時に橋桁が水平に旋回していたそうです。

それからおおいに迷ったのち、なんとかJR和田岬駅に到着。
廃止の噂ただようJR和田岬線を乗り鉄します。
P1120799.JPG 和田岬線は朝夕しか運行していない、一見やる気のない路線。
しかし付近は工場や住宅の密集地。
地下鉄海岸線の開通後乗客が減ったものの、まだまだ通勤路線として活躍しています。
ところが街づくりに邪魔だからと、神戸市の要望により廃止が検討されているらしい。
地下鉄へのさらなる乗客シフトを狙ってんじゃね?と囁かれても仕方ない。
P1120795.JPG 和田岬駅はホームだけの無人駅。
ホームへの出入口はこの小さな階段というそっけなさ。
ですが2009年までちゃんとした駅舎が存在していたというから驚きです。
解体された駅舎の跡地にはファミリーマートが建ってます。
P1120804.JPG わずか2.7kmのショートトリップ。
途中川重兵庫工場の脇を走り抜けます。
車窓に入ってくるのはさっき見た工場の反対側。
ぶった切りの16000系が見えました。
P1120805.JPG 5分ほどで兵庫駅に到着。
神戸線や線路沿いのビル群に見下ろされるように位置する和田岬線ホーム。
そんな場所に入線する車両も、関西では珍しくない103系かつ6両編成ですから、路線の特性のわりには場末感ありません。
ちなみに今年は和田岬線電化10周年。
なら廃止することもなかろうに。

ここからは新快速も使ってひとっとび。
京都で息子と別れ、私は大津と彦根の銀座取材(実はまだやってます。更新してないだけで)、奴は島本あたりで撮り鉄。
夕方彦根駅で待ち合わせの予定です。
近江鉄道に乗って、母と息子の聖地巡礼ですよw

---------------------------------------------------------------------
次回(これで最後)のお話はこちら→こんな時だけど旅に出た:2日目(2)けいおん!!聖地巡礼


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

03:42  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.20 (Sat)

こんな時だけど旅に出た:1日目(2)有馬温泉と阪神大震災の現場から

※2011年3月下旬に関西行ったときの話の続きです。
 前回のお話はこちら→こんな時だけど旅に出た:1日目(1)京とれいんと神戸電鉄
---------------------------------------------------------------------

2011年3月27日の昼下がり。
ここからは乗り鉄改め神戸観光モードに入ります。

有馬温泉に着きました。
ここはやはり温泉入るしかないでしょう。
放射能?ここで気にしたらあかんがな。
P1120668.JPG 橋の上から有馬川親水公園を一望。
ひょうたん形の池の水は赤錆びた色をしています。
温泉が流れだしているのかな?
P1120691.JPG 有馬温泉の基本その1、共同温泉の金の湯。
金ではなく鉄分が溶け出した赤茶色の濁り湯で知られる強塩泉。
素焼きの植木鉢のような色というか、東京の黒湯とはまた違う濃さ。
今まで経験したことのないお湯でした。
金の湯は有馬温泉の玄関口にあるためか、それはもうとんでもない混みようでした。
震災トラウマの蔓延する関東とは大違い。
P1120674.JPG 金の湯の外側にある太閤泉と呼ばれる飲泉。
ひょうたんから温泉水の出てくる様子が少々エロい(オイオイ
金の湯とは泉質が異なるようでこちらは透明です。
足湯もあったけど激混みのためパス。
P1120688.JPG 石段をえっちらおっちら登って有馬温泉の基本その2、銀の湯へ。
炭酸泉・単純放射能泉(ラジウム泉)。
ラジウム泉ということで震災以降変に注目されているようですが、温泉入るぐらいじゃまあ恐れることはないんじゃないかと。
プチプチ感を期待して入ったのですが、無色透明で金の湯のような強烈なインパクトもなく。
金の湯ほどは混雑せずゆったりできました。
P1120671.JPG 木造家屋が密集する湯本坂のあたり。
高級旅館がメインの温泉街にしては素朴な街並み。人もクルマも多いけど。
名物の炭酸煎餅のお店も多数あり。
駅近くの民芸屋さんがなかなか良い雰囲気でした。
P1120679.JPG 銀の湯近くには温泉の名のついた神社やお寺があります。
源泉の湯煙もすぐ手の届くところに。
温泉神社の鳥居がいい感じに苔むしていたので撮影。
しかし参拝はさらに坂を上がらなくてはならずつい省略(汗)。
P1120683.JPG ちょうどアートイベントが行われているようで、神社のまわりにはこのようなオブジェが点在してました。
唐突な気するけどこれはこれでアリ。

なんか…震災2週間後とは思えない光景が広がっていますね。
歩いている人も多ければ、渋滞しかねんほどの車の数もすさまじい。
普通に温泉入って、ごはん食べて、お土産屋さん冷やかして。

かたや関東は自粛の嵐で温泉街も閑古鳥鳴いている状態。
幸い我が家のあたりはほとんど被災しなかったけど、隣町では液状化により大規模断水中。
周辺の温泉施設は被災者のために開放されているようなもの。
自宅で入浴できる身分で、わざわざ日帰り温泉に行くような気には到底なれません。
遠く離れた地で温泉入って申し訳ないような罪悪感を抱きつつ、同時に感謝も。

P1120694.JPG 再び神戸電鉄で山下り。
帰りは途中の谷上駅で北神急行に乗り換え三宮へ向かいます。
ルートは変われども、山っぷりは変わらず。
車両の傾きで山を上っている感覚は少しつかめるものの、当たり前のように家々が建っているのを見ると、高地にいるという気はしませんね。
P1120702.JPG 神戸は平地が少ないため、これでもかというぐらい山を切り開いて住宅開発がなされてきました。
海抜0m地帯に住む自分には考えられないことですが、海抜300m越えのニュータウンもこのへんでは珍しくありません。
駅より高い場所にも住宅街は広がり、高低差の克服としてそれらと麓をむすぶエスカレーターも見えたりします(車窓の右側)。

三宮に到着しました。
ホテル行く途中に生田神社があったんでちょっと寄り道。
P1120709.JPG 藤原紀香と陣内智則が挙式した神社として有名ですが(そんなこともあったねぇ)、阪神大震災の時には甚大なる被害を受けました。
ぺしゃんこに潰れた拝殿の映像は強烈な記憶として残っています。
拝殿や山門の赤色が鮮やかで新しそうに見えるのは再建されたから。
境内には震災復興記念碑が建立されていました。
P1120708.JPG これまたマッチョな狛犬でんなぁ。
惚れ惚れするわ。
P1120710.JPG ずいぶんとまあストレートな絵馬だこと。
縁結びで有名な神社なんですが…どうしても藤原紀香の十二単が頭をよぎってしまうのw
P1120721.JPG 今晩のお宿はホテルトアロード。
お洒落な英国調プチホテルで前から泊まってみたかったところ。
予想を裏切らない可愛らしさで心躍ります。
トアロードにはかわいいお店が並んで、三宮とまた違った雰囲気。

さてそろそろ息子と合流したいところだが…。
そうですか夕方なのにまだ新疋田ですか。
489系の見納めまだ終わってないですか。
各地から招集かけた鉄仲間だけでなく、現地でまた新しく仲間増やしたんですかそうですか。
…って遅ーーいっ!いつ三宮に着くんだ!

P1120722.JPG 仕方ないので三宮や元町あたりをぶらぶらしてみます。
まずはおひとりさまのお茶タイム。
P1120723.JPG 続いて元町やら南京町をぶらぶら。
ちくせう誰かさんのせいでご飯食べれんかった(悔)。
P1120754.JPG 南京町長安門脇の自販機にのっかってたパンダさん。
中華風にコカコーラも可口可楽と表記されてまっせ。



それでもまだ息子は戻ってこないので、メリケンパークまで足を伸ばしてみます。
P1120737.JPG 人影まばらな夜の震災メモリアルパーク。
阪神大震災を風化させないよう当時のまま保存されています。
あれから16年後、ここから離れた地で未曾有の災害が起きてしまいました。
そんな時期にこの場所に立っているとは、なんという偶然でしょうか。
街の灯りを眺めながら、東北の復興を祈らずにはいられません。
P1120752.JPG 元町商店街の片隅の路面に敷かれた神戸復興祈願のプレート。
今となっては全く想像もできないけれど、壊滅的に被災した場所そのものなのです。
被災地に輝きと安穏が戻ってきますように。

で、結局奴が三宮に着いたのは20:30でした(怒)。

---------------------------------------------------------------------
次回以降のお話はこちら→こんな時だけど旅に出た:2日目(1)車両工場詣と和田岬線
           こんな時だけど旅に出た:2日目(2)けいおん!!聖地巡礼


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

01:38  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.09 (Tue)

パワフル×スマイルちばフリーパスで茂原七夕まつり(7/24)

激しく使用期間が限定される(8月は下旬のみ)のですが、千葉県内のJR全線と私鉄3セクローカル線が大人¥1,800で乗り放題という素晴らしいきっぷが発売されています。
【パワフル×スマイルちばフリーパス】
千葉の端っこ(都内や隣接県との境目)から片道¥900超える場所を往復すればモトとれちゃうんですからね。

P1130977.JPG そういうわけで7月24日の日曜日、茂原七夕まつりへと行ってきました。
千葉駅で駅弁なんぞ買っちゃったりしてー。
鰹のたたきとかつおぶしのカツオ尽くし寿司。
美味しくないわけがない。

しかしボックスシートをなかなか占有できず、大網過ぎてようやく口にすることができたのでした。

千葉駅での乗り換えを挟んで1時間半。茂原に到着いたしました。
P1130986.JPG 駅から少しだけ歩いたところにある商店街からはじまる七夕飾りの舞。
ここのは関東三大七夕祭りのひとつなんだそうです。
だからものすごい人出なのは当然として、少子化とは信じがたいほどの中高生率の高さに驚くばかり。
外房じゅうからわかものが集結してるんじゃなかろうか。
P1140041.JPG 1km以上にわたって繰り広げられる華やかな七夕飾り。
各商店や団体等が工夫をこらしたディスプレイを見るのはほんとわくわくする。
意外と大掛かりなものもあるにもかかわらず、皆どこか垢抜けないところがほっとする。
だいたいはこんな感じなんだけど、なかには↓
P1130995.JPG 茂原市長だそうです。
似てるかどうかわからないけど、とにかく市長なのだと(笑)。
P1140004.JPG こちらは観覧車をモチーフとした大作なのですが、じいさんにガン見された…(ノД`)
P1140028.JPG 七夕飾りコンテストの最優秀賞作品。
がんばろう日本。つなげよう日本。新幹線は日本をつなぐシンボルです。
P1130997.JPG ご当地グルメのもばらーめんとやらを食べてみました。
も「ばら」なだけに豚「バラ」肉使用。モリモリバラ肉嗚呼ダジャレw
冷たいのでなく熱いのにすればよかった。
P1140097.JPG ステージやよさこいコンテスト会場などの賑やかな通りを抜けると、木造家屋の並ぶ渋い一画が現れました。
道幅の広い通りでゆったりのんびり定期市。
六斉市といって毎月4と9のつく日に開催されているそうです。
市の立つ街ってなんかいいですね。
P1140121.JPG その先をさらに進むと天の川。
いや冗談じゃなくて茂原市本気でそんなこと自称してる。
川を渡ると七夕祭り会場終点の市役所です。

帰りの電車は久里浜行き直通で楽勝さ。
フリーきっぷの恩恵にあずかり、船橋で途中下車いたしました。

市民まつりっていうから、せいぜい屋台と盆踊りぐらいかと思っていたらあら意外。
P1140140.JPGP1140144.JPG
山車が出るなんて本格的じゃありませんか。

船橋のほうはちょっと立ち寄っただけですが、お祭りのはしごというのもなかなかのもんですな。


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ - ジャンル : 旅行

23:16  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。