All archives    Admin

02月≪ 2010年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'03.26 (Fri)

最後の母子乗り鉄はツーデーパス2日目:房総半島列車三昧フェリーもね(2)

大多喜での滞在時間は2時間弱。
早速レンタサイクル借りて町を散策します。

P1030591.JPG大多喜城は小高い丘の上。
延々と続く上り坂をヒーヒー言いながら自転車漕いだり歩いたり。
それでもまあなんとか着きました。
実はこちら正しくは大多喜城分館という名の博物館。
よって館内撮影禁止のため写真は外観のみ。
しかもかつての大多喜城を復元したものではないそうで
(参照)。


P1030593.JPGここで軽くお昼ごはん。
五井駅で買った祭りすしの出番です。
お花がちょうちょみたいになってて可愛いねぇー。
見た目だけでなく味も良い。
しかし息子はお気に召さない様子。




P1030597.JPG大多喜の町に戻る途中、踏切を渡るいすみ鉄道の列車に遭遇しました。
慌ててシャッターを切る鉄分濃い母子。







P1030602.JPG一見鉄とは無縁そうにみえる大多喜の町ですが、実は千葉県最大の を持つ博物館があったりします。
それがこちらの房総中央鉄道館
街並みに調和した渋い木造の建物が素敵です。
入口の場違いな踏切は気にしないw
このサイト見ると個性強そうでそそられるんですが、土日祝しか開館してないのが惜しい。



大多喜は房総の小江戸と呼ばれた小さな城下町。
当時の繁栄をほうふつとさせる街並みを保っています。
左の写真は重要文化財の渡辺家住宅。江戸時代末期に建てられました。
P1030610.JPGP1030614.JPG
徒歩でまわれるほどの小さな町でした。
乗り鉄のついでに立ち寄るなら、これぐらいの規模がちょうどいいかな。

P1030636.JPGお土産いろいろ買いましたよ。
手前のもなか以外は大多喜駅の売店で。
おなじみい鉄揚げにカレー味が登場いたしました。
後で食べたらけっこう辛い。





再びいすみ鉄道に乗り込んで、今度は大原駅に向かうのですが・・・意外と混んでませんよ。
さっきのはいったい何だったんだ?

P1030641.JPG今までよりもさらに菜の花度が増す車窓。
黄色い花で埋め尽くされた線路脇は、お見事というほかない。
桜の時期と重なれば言うことないでしょうね。






P1030647.JPG列車待ちのお年寄り?いえいえ人形です。
ほのぼのしてますねー。








菜の花三昧の旅も30分ほど弱で終わり。大原駅でJRに乗り換えです。
当初予定の特急をやめて、1本後の安房鴨川行き普通列車で行くことにしました。
しかし40分間という待ち時間は、周辺散策にしては中途半端。
ベンチでふたり、ひたすらお菓子食べて時間を潰すしかなく。

P1030668.JPGやっと鈍行キターっ!
113系リニューアル車だありがたや。
ヘッドレストつきのボックスシート万歳。
息子はんは209系が良かったと言ってますが。






P1030675.JPG安房鴨川の手前にて、今回の旅初めての海。
ずっと房総半島の内陸部にいたおかげで、はるばる来たなという思いを強く感じます。







P1030678.JPG安房鴨川駅にて館山行き普通列車に乗り換え。
ほら息子よ、念願の209系房総仕様ですわよ。

この車両京浜東北線から流れてきたやつだと思われますが、ところどころ改造されています。
先頭車はセミクロスシート化され、窓際にはドリンクホルダーも登場。トイレもついてます。
先日まで京浜東北線走ってたとは思えない車内。
総武・横須賀線のE217系に近い雰囲気です。


P1030684.JPG房総半島の南端を走るこのルート、急に海が身近になったような気がします。
曇り空から一転、透き通る青空と穏やかな波。
車窓をいろどる花々に和まされます。






P1030693.JPG小湊鉄道やいすみ鉄道沿線では見られなかった、多様な花のビニールハウスを頻繁に見かけます。
菜の花畑もぽつぽつと見かけたりしますが、ここらでは菜の花畑の持つ意味が異なると気付きました。
たぶん菜種油採取のために栽培されているのでしょう。
ここではあくまでも農産物としての花。




P1030705.JPG館山駅で千葉行き普通列車に乗り換え。
再び209系房総仕様です。
息子は飽きたから211系に乗りたいと言ってます。







P1030712.JPGまたまた海が見えてきました。
今度は内房の海。
小さな漁港のはるか先にうっすらと東京湾の対岸が見え、外房の海とは違う景色です。






P1030723.JPG鈍行旅はのんびりしているのが魅力。
その反面、特急通過待ちといったリスクと背中合わせです。
今回も保田駅で長時間の特急通過待ち。
次の駅で降りるのに、直前で足踏みくらうとは・・・。
しかし息子は嬉々として撮影に励んでおりました。




P1030730.JPG浜金谷に到着したのは16:30過ぎ。
これから歩いて金谷港に向かい、東京湾フェリーに乗船予定です。
昆布の吊るされた物干しと椰子生い茂る庭先に、温暖な港町の風情を感じました。





P1030735.JPGフェリー乗り場までは歩いて10分弱。
17:20発の久里浜行きフェリーに乗るつもりです。
その前に付近をうろうろ。
鋸山を眺めたり、人慣れしている猫さんと戯れたり。

ところでフェリーの乗船状況ですが、意外にもほぼ満席。
日帰りゴルファーの団体さんが多かったのです。
打った後に夕焼け見ながら飲んでというのもオツですね。


3月下旬はちょうどこの時間が夕暮れ時。
東京湾フェリーもサンセットクルーズとして打ち出しています。
乗船時にはまだ少し早いかなという気もしたのですが、だんだんと・・・。
わずか40分ほどの船旅ながらも、海上で美しい夕焼けを味わえて贅沢なひとときでした。
P1030762.JPGP1030782.JPG


P1030784.JPG18:00久里浜到着。
すっかり日も落ちて、暗闇に変わる前の空が綺麗な色をしています。

あとは帰るだけ・・・お疲れ様でした!





★参考:息子の書いた旅日記はこちら


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

23:58  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010'03.26 (Fri)

最後の母子乗り鉄はツーデーパス2日目:房総半島列車三昧(1)

ツーデーパスの旅もこれからが本命。
待ちに待った房総半島乗りつぶし始まるよー!

P1030457.JPGスタート地点は2日連続のJR千葉駅。
乗り込む車両もまたまた113系スカ色かなと思いきや、まさかの湘南色連結。
去年房総半島で復活してたんですね。
ものすごく得した気分になりました。
車内は一緒だというのに、湘南色のほうに乗りたくなってしまいます。




P1030464.JPG五井駅にて下車。
ここから小湊鉄道に乗車しますがその前に・・・。








P1030462.JPG五井駅といえば連絡通路での激安弁当販売が有名です。
名物の激安あさり弁当にしようかと思っていましたが、急遽祭りすしに変更。可愛いんだもん。







P1030466.JPG続いて駅員の方に許可をとり、機関庫のSLを見学させてもらいました。
左の車両は明治27年イギリスベィヤーピーコック製。
日本鉄道から戦後小湊鉄道に払い下げられました。
右2両は大正13年にアメリカより輸入された、現存するボールドウィン製最後の機関車。
どれも小ぶりで前面も可愛らしい印象です。
半世紀以上前にはこれらが小湊鉄道を走っていたんか。
今ののんびりディーゼル車と違ってずいぶんハイカラな。


P1030470.JPGいよいよ小湊鉄道に乗車となるわけですが・・・カメラクルーの一行も乗り込んできましたよ。
何かの番組取材のようですが、タレントさんらしき姿は見当たらず。
ということは旅番組ではないのかな?
しばらくするとその理由が明らかになりました。
彼らの取材目的は女性車掌だったのです。なるほどねえ。



P1030519.JPG菜の花は全盛ですが、桜はまだまだ。
南房総とはいえつぼみは固いです。
これから1週間もすれば桜も見頃なのでしょうけど、あいにくその頃は千葉どころか日本にもいないんで(そもそもツーデーパス終了してるし)。
自然のタイミングって難しいですね。




P1030506.JPG高滝駅に着くと軌道自転車が待ち構えていました。
イベントの体験乗車でなく、実際の現場で業務にあたっている姿を見るのは初めてです。







P1030532.JPGトトロの駅こと上総大久保駅。
地元小学生たちによって描かれたというエピソードとともに、ほのぼのとした絵柄が駅舎に合っています。
なにしろトトロという題材がいい。
米国の鼠さんなら消去命令が出されてしまいかねませんが、ジブリさんはそこまで細かいこと言わないんでしょう(^^;)。あ、知らないだけかも・・・。



五井駅から1時間強で終点上総中野駅に到着。
いすみ鉄道との接続駅というとまるで重要駅みたいですが、ひっそりとした無人駅のうえ、接続する両社の列車は日に5本しかないローカルさ。
竹を模したトイレがわずかに観光地的な雰囲気を出しているものの、この本数じゃね・・・。
P1030542.JPGP1030541.JPG

P1030548.JPGしかしながら春の房総半島を侮ってはいけません。
いすみ鉄道に乗ろうとしたら、1両編成ということもありすし詰め状態。
何ですかこの激混み具合はっ!
とても存廃かかってる鉄道とは思えないのだけど、シーズンオフはどうなんだろう?



菜の花に負けじと劣らず鮮やかな黄色の車両。
車体も車内もムーミンと仲間たちだらけ。網棚にまでぶら下がってるね(笑)
P1030551.JPGP1030552.JPG

P1030556.JPG激混みの中列車が進みだしました。
いきなり線路の両脇に菜の花の帯が連なっています。
これは小湊鉄道以上のものが期待できそう。
だけど立ち位置もおぼつかない状態で、じっくり眺める余裕なんかないですけどね(苦笑)。




P1030576.JPG30分弱で大多喜駅に到着。
ここでほとんどの人が下車しました。
しかし車両連結が行われているのはなぜ?

実は連結された車両は団体貸切専用なのです。
おそらく「いすみ鉄道菜の花列車乗車体験ツアー」なるものが数多く実施されているんでしょう。
ハイシーズンならではの光景ですね。


P1030585.JPG手縫いのムーミンがかもし出すゆるさは、いすみ鉄道の雰囲気にぴったり。
私たちもこのムーミンのように、のんびりと大多喜の町で過ごしたいと思います。







★参考:息子の書いた旅日記はこちら


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

22:58  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010'03.25 (Thu)

最後の母子乗り鉄はツーデーパス1日目:チバラギトチギ・あてもなく乗りつぶし(2)

雨が降りしきる中、相変わらずあてもなく乗りつぶし。
水戸駅でお昼食べた後、友部駅から水戸線に乗って小山まで出ます。

P1030404.JPGまずは常磐線。
おっ、この車両はE531系ですね。
上野-土浦間の特別快速というイメージが強いのですが、土浦以北でも活躍しているんですね。
ところで息子は緑白ラインのE501系に乗りたかったらしく、少々ご不満のもよう。
ついこの間まで新しもん好きだったのに、最近は少し古めのが好みらしい。


P1030406.JPG水戸駅を出てしばらくすると、梅の花咲き乱れる偕楽園。
車窓を眺め通過するだけの虚しさよ。
いったい何しに来たんでしょうね私たち・・・。






P1030407.JPG友部駅で水戸線に乗り換え。
やってきたのはオールロングシートの415系。
房総や静岡もそうだけど、ローカル線でロングシートは勘弁してほしいです。





P1030408.JPG沿線は石材業が盛んな地。
駅構内にもさりげなく石のオブジェが置かれていたりします。

どこかの駅のホームからは、純和風の庭先にありそうな灯篭が見えました。
おばあちゃん家にもあったなこういうの。



P1030411.JPGいつの間にか2人して寝てました。
気付いたのは小山のひとつ手前小田林駅を過ぎた頃。
寝ぼけ眼に映ったのは、突如中途半端に暗くなる車内。
他の乗客は慌てる様子もないし、もしやデッドセクション?
←故障じゃないですよw
息子が目覚めたときには既に明るくなった後。
奴はデッドセクションの存在を知っていたため、見過ごしたのを非常に悔しがっておりました。


P1030412.JPGそんなこんなで着いたよ小山駅。
宇都宮線で北上するだけですが、その前に寄り道。
さんざん歩いてたどり着いた先は、東北新幹線高架下にある両毛線ホーム。
両毛線車両を見送るためだけに、延々と歩かさた次第。
107系100番台車両はピンクと緑のラインが可愛いですね。
今回はこちらには乗らず、宇都宮線ホームへとまわれ右。



P1030417.JPG栃木に来たならレモン牛乳ははずせない。
コンビニの店頭では、飴やクッキーなどの便乗商品(こちらはレモン「風」と記載)も含め、これでもかというぐらい大々的に陳列されています。

で、飲んでみました。
甘みのあるさわやかなお味で、子供時代銭湯で売られていそうな雰囲気の飲み物ですね。


P1030420.JPG宇都宮駅に到着したのはいいけれど、中途半端に余った時間をどのようにやり過ごそうか。
なんてこと考えていたら、ちょうどいいタイミングで日光線が発車するもよう。
乗ったことあるしどちらでもよかったのですが、こうやってお猿さんも誘導しているし(手が動いてます)、まあ行ってみましょうか。


ところが日光線ホームに足を踏み入れた途端、あまりの変貌ぶりに驚かされたのでした。
P1030423.JPGP1030427.JPG
なんじゃこりゃーっ!
どこにでもあるJRローカル線が、最近流行のレトロ風になってまっせ。
グリーンのNマーク柄だった車両も渋いツートンカラーに変更。
というか、下半身阪急みたいですよ・・・。
方向幕まで楷書体に変更するという徹底ぶりは、あからさま過ぎるというか見事だと言うべきか。
なのに車内は昔のまんま。かろうじて路線図がレトロ風になっているぐらい。

日光行くほどまとまった時間はないので、とりあえず鹿沼まで往復することにしました。
相変わらず天候が回復する気配はなく。
市街地を抜けると田園と杉林の車窓が延々と続きます。
列車が勾配を駆け上がっているのが、身をもって実感できました。

P1030447.JPGここで乗り鉄お遍路は一旦休止。
本日唯一のお楽しみ、宇都宮名物餃子タイム到来です。
駅ビルの宇都宮餃子館にて、いろんな具のよりどりセットを注文。
夕飯にはまだ早く、お腹もそんなに空いてないから2人でせっつく。
これでようやく少しは旅らしくなったかな。



P1030449.JPG最後の〆は餃子像ですね。
謎のポーズをつい真似したくなったりしてw
東口から西口に移転してたのを知らず、方向音痴になったのかと焦りました。





結局何しに出かけたんだ?という思いがぬぐえない一日でした。
翌日も母子で乗り鉄行きますよ!


★参考:息子の書いた旅日記はこちら


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

23:23  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'03.25 (Thu)

最後の母子乗り鉄はツーデーパス1日目:チバラギトチギ・あてもなく乗りつぶし(1)

定期演奏会も終わり部活を完全引退した息子。
それでも1日おきに予定が入ってたりと、3月中は意外と忙しい奴なのでした。
しかし3/25と26の両日だけは2日連続フリーの日。
こういうときこそツーデーパス使わなきゃ。

ということであてもなく乗り鉄に出てしまいました。
金銭節約のために日帰り×2で。
天候の関係でメインを翌日にまわすことにしました。
さて初日はどこ行こうか・・・。

P1030320.JPG今回は使える3セク・私鉄が増えたんで、その恩恵にあずからせてもらいます。
最初の列車は千葉駅発鹿島神宮行きの113系。
ボックスシートで良かった良かった(ホッ)。
駅員さんの手旗も古い車両だからこそしっくりくるような気がします。



千葉駅を出た電車は住宅地を抜け、自然あふれる光景の中に飛び込んで行きました。
途中酒々井駅で新型成田エクスプレスとすれ違い。
成田散策も惹かれるけれど、今回はこのまま乗りつぶし。

P1030329.JPG成田駅を過ぎるとますます広がる穀倉地帯。
こちら久住駅も駅前はご覧の通り。
これでも成田駅の1駅隣なんですけどね。






P1030332.JPG電車は雨に濡れながら、ひたすら田んぼの中を走り続けます。
利根川が見えそうで見えなかったり、線路とは微妙な距離を保ちつつ。





P1030333.JPG下総神崎駅のホームからこんな看板が見えました。
駅前と田んぼという結びつきが唐突な気するけど、このあたりがこれが普通なのかもしれない。






佐原駅のあたりはさすがに賑やかな感じ(写真撮り損ねました)。
天気が良ければ途中下車したいところだけど、この天気じゃ歩くのもままならぬ。

P1030334.JPGひとつ先の香取駅。
私の記憶(約15年前)ではコンテナみたいな駅舎だったのに、いつの間にこんなぎれいな駅舎が建ってるなんて。
後で調べたら2007年に香取神宮をモチーフに建て替えられたそうです。





この後いよいよ利根川を超え、十二橋駅のある中州、続いて茨城県内へ。
果てしない田園風景も、潮来市内に入ったら急にひらけてきたから不思議。

P1030345.JPGやがて視界には広大な水辺が。へぇ~これが北浦か。
どんよりした空の色が非常にもったいなく、恨めしい気持ちになります。

しかしまあ佐原から鹿島神宮までの間は水辺だらけで、まさに水郷。
冠水している水田も多く、どこまでが陸地かわからない場合もありますが。


千葉駅を出て1時間半、ようやく終点鹿島神宮駅に到着しました。
ここで降りたら行くところはひとつ。もちろん鹿島神宮です。
だけどあまり時間がないのよね・・・。

急ぎ足でサッカー像の写真撮って、鹿島神宮まで向かう私たち。
きれいに整備された参道には人っ子一人いない。
閑散、いや閑静なのは雨のせいなのでしょうか?

P1030354.JPGしかし一歩神宮の中に入ると、厳粛な静けさとして神聖さを増してくるから不思議です。
あいにくの天候ですが、水に濡れる杉並木は悪いもんじゃないですね。
山門をはるかに超える高さの杉を眺めていると、人間の存在の小ささを実感させられます。



P1030361.JPGところでこの奥には何があるのでしょう?
鹿園か・・・行きたいけど時間がないなあ。
奈良公園の鹿と深いかかわりを持ち、神の使いとして親しまれている鹿島神宮の鹿。
せっかくここまで来たのに鹿見れないなんて本末転倒に違いないですね。
ダイヤに左右されてしまうのが鉄旅の良くないところ。
結局鹿さんたちを目にすることなく、後ろ髪引かれる思いで鹿島神宮を後にしたのでした・・・。


P1030371.JPG駅まで戻り、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線に乗り込みます。
こいつに乗るのは2回目。
但し前回(詳しくはこちら)は新鉾田から大洗までだったので、全線乗るのは今回が初めてです。





P1030377.JPG鹿島アントラーズでおなじみのカシマサッカースタジアム。
試合のあるときのみ、隣接する鹿島サッカースタジアム駅に臨時停車します。
今回はそのまま通過なり。




延々と畑が続く沿線風景。
しかし他の地域と違うのは、掘り起こされた人参が大量に放置されている光景。
それもひとつやふたつの畑じゃないですからね。
写真で見せられないのが残念ですが、土の上で無秩序にばら撒かれた人参のオレンジ色は忘れられません。

P1030386a.jpg大洋駅ホームの駅名標。
「きたつっこよん」??そんな駅あったっけ?
(クリックで拡大)
正しくは「きたうらこはん」でございます。
年季が入っているのを通り越して、もはや実用に支障をきたすレベル。



P1030393.JPG大降りの雨に濡れる大洗の街。
前回乗ったときは遠くに海見えたのに。
かろうじて大洗タワーが見えるぐらい。

ここで下車してアクアワールド行きたかったんですが、運悪くこの時間帯だけ循環バスが運行されていなくて断念。
雨の中歩きたくもないし、そのまま水戸まで直行することにしました。

P1030402.JPG水戸駅に到着。
続いて乗るのはフレッシュひたち・・・いえいえ、これはレプリカのKIOSK。
息子に文句言われようが、貧乏鈍行旅行にこだわりますよー。

★参考:息子の書いた旅日記はこちら


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

22:07  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'03.24 (Wed)

クロスシート

物置状態だった息子の部屋にベッドを入れることになり、朝から大々的な片づけをやっております。
夕方になって目処が立ってきたんで、ベッドを買いに行きました。

夫とふたりベッドを物色している傍ら、奴は何をしていたかというと・・・。
遠くから不穏な声が聞こえてきましたよ。

「このクロスシート欲しいーっ!!」

声がする方向を見てみると、そこにいるのは満面の笑みを浮かべながらパーソナルチェアに横たわる息子。

まあね・・・見方によっちゃクロスシートだねえ。リクライニング機能つきだし。
さすが座席厨ですねえw


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
20:14  |  鉄ヲタ息子  |  TB(0)  |  CM(15)  |  EDIT  |  Top↑

2010'03.18 (Thu)

卒業しました。

今日で息子も小学校卒業です。

生誕12年のうち鉄ヲタ歴11年(息子自称)。
一時期はゲームだアニメだに傾倒していたこともありましたけど、最近は現実逃避するかのように撮り鉄街道を突っ走っております。
ここまで夢中になれるのは羨ましくもありますが、親としてはもう少し周りに気遣ってそこそこモテるようになってくれるといいのだが。
なかなかハードル高そうです。

そういえば4年ほど前に開催された鉄子の旅都電サイン会。
単行本6巻にもちょこっと掲載されてます。

そこで鉄ヲタ息子の話をしたら、キクチさんに激しく心配されたことを思い出しました(^^;)

鉄子の旅 6 (IKKI COMICS) 鉄子の旅 6 (IKKI COMICS)
(2007/02/28)
菊池 直恵横見 浩彦

商品詳細を見る
ええ、当時よりもますます鉄ヲタ化しておりますよ(汗)。
本人いわく将来の夢に向けて活動しているそうで。
鉄道カメラマンか・・・これまたハードル高そうだな。

いよいよ4月からは中学生。
母子で行動することなんぞ皆無になりそうなんで、完全放置の本家HPをどうしようか考えていかないと。
ま、ブログのほうはこのまま適当に書き連ねていきますんでよろしくです。

あ、そうそう。
キクチさんといえばこんな↓本も出してるよ。
行徳駅下車~菊池直恵初期作品集

なんで行徳なのかは意味不明。
サイン会のとき聞いとけば良かったと今さら激しく後悔しております。


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 小学生ママの日記 - ジャンル : 育児

23:56  |  鉄ヲタ息子  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2010'03.10 (Wed)

京葉線全線開業20周年

20年前の3月10日は京葉線が全線開業した日。
この日をもってようやく、東京駅から電車1本でディズニーランドや幕張新都心へと行けるようになりました。

そのことを記念したヘッドマークつき電車が登場し、3月10日には出発式が行われるそうで。
別にわざわざ行くこともないと思っていたのに、当日現場に出没していたのはどういう風のふきまわしか。
ええ、限定に弱いんです。
特に「3月生まれの方に」Suicaグッズプレゼントなんて言われちゃね。

P1030167.JPGお昼前の海浜幕張駅。
出発式まではまだ余裕があります。
改札内コンコースの一画にたむろする人だかりを覗いてみたら、記念グッズの即売会やってました。
息子のお土産用にSuicaケース、そして予定外の限定駅弁を購入。
駅弁買うつもりなかったんだけど、三番瀬の生海苔使用という文句につい・・・。
駅弁についてはこちらに記載いたしましたんで、よろしければご覧くだされ。


P1030180.JPGそろそろ誕生月プレゼントとコンサートが始まるかなという頃、2本足で歩く犬とペンギンがコンコースに現れました。
いつものSuicaペンギンと、千葉県民にはお馴染みの赤犬チーバくん、そして千葉県民にすらマイナーなJR千葉支社の駅長犬。
Suicaペンギンとチーバくんの並びは同じ作者ということもあり違和感ないのですが、その分駅長犬が・・・。


P1030183.JPGそれでこちらが「3月生まれの方」限定Suicaグッズです。
全然レアものじゃないです。無料配布の定番メモ帳と付箋でしたよ。
考えてみりゃタダでもらえるもんなんて限られてるよな。
うちにいくつあるんだろうねこのメモ帳・・・。
しかし付箋もらえたのは嬉しかったりします(持ってないんで)。




P1030186.JPGホームでは記念乗車券を求める長い列。
息子のお土産用として一応並んでおきます。
30分並んでGETしたのは懐かしさあふれる硬券。
京葉線を走る車両と、区間ごとの開業日が記された路線図というデザインです。




さて、ヘッドマーク付き電車がやってきましたよ。205系でしたか。
P1030189.JPGP1030192.JPG
ヘッドマークは葛西臨海公園の観覧車とビル群をモチーフにしたデザイン。
派手すぎず地味すぎず、京葉線のラインカラーとの調和がよく取れていて好感が持てます。

P1030198.JPG出発式は1・2番線ホームの東京寄り先端。
平日にもかかわらず、会場の背後は鉄ヲタさんたちでいっぱい。
そのためヘッドマーク付き車内からの撮影です。
当然ながら車内の1両目は同じこと考えてる人ばかりで、出発式の様子を撮影するのは諦めました。


ところで・・・式典見学の最前列で、脚立乗ったりジュラルミンケースの上に乗ったりするのは何事ですかっ(怒)



P1030209a.jpgJRの方々やチーバくんたちなどに見送られ、ヘッドマーク電車に揺られ会場を後にしました。
車両基地では、どうやら209系車両にヘッドマークを取り付け中?





人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用

21:47  |  鉄道イベント  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010'03.05 (Fri)

トレインビューな旅券事務所

P1020510.JPG千葉の旅券事務所がある場所は、すぐ隣をモノレールが走っていたりします。
窓から至近距離で見られるよ。
懸垂式モノレールは下から見ると迫力あります。

千葉都市モノレールの新型車両はいつデビューするんですかね?
まさか再延期や中止になったりしませんよね(^^;)



人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用

10:51  |  鉄道雑記  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。