All archives    Admin

10月≪ 2006年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006'11.23 (Thu)

ちょっとだけ帰省

日曜日の法事が学校行事と重なって出られないので、かわりに一足早くお墓参りすることにした。
夫も連れて実家に帰るのは何年ぶりだろう(^^;)。

お墓参りの前に、実家にちょっとだけ立ち寄った。
実は実家というのは飲食店なのだが、今回息子はなぜか手伝いやろうと必死になっている。
実際は何の戦力にもならないけど、それでもやたらと接客を試みておりました。
でもそれがどっか噛み合ってなくておもしろいわw

例えばこんなふうに↓持参の鉄道ファン2冊をマガジンラックに差し込んで
鉄道ファンは息子が差し込んだ
「どうぞご自由に見てくださーい」とお客さんに勧めているが・・・あの、お客さんドン引きしてますよ。

それでも後片付けしたりテーブル拭いたりと、なかなかの健闘ぶりでした。えらいえらい♪
おかげで常連客から「母親と違ってよく動く子だ」と有難くない言葉もらったんですけど・・・。

こちらが思ってる以上に、息子は成長してるなあ。


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!



スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用

23:06  |  鉄ヲタ息子  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006'11.19 (Sun)

東武ファンフェスタ2006

11/19日曜日。いよいよ今秋のイベント最終日(うちらが行く予定の中では)。
江ノ電タンコロまつりと東武ファンフェスタのどちらにしようか前日まで悩んでいた息子だったけど、臨時列車があるという東武のほうを選んだ。

北千住駅に着いたのが朝8:30過ぎ。
臨時列車の発車時刻よりも30分以上前に着いたのに、既に長い行列ができていた。
その後も列に並ぶ人が後を立たない。
親子連れを除いた人たちが、発着の電車や行先案内板などを「珍しい」とか言ってばしばし撮影しまくっているが、どこがどう珍しいのかさっぱりわからん。
そうこうしているうちに、やっとお目当ての電車がやってきた。
東武ファンフェスタ号 東武ファンフェスタ号の座席←座席と壁からテーブル出現。
今回の臨時列車は元・特急りょうもう号だった1800系車両。
特急だった列車だから座席数は多いのだが、逆に立って乗り続けるのが難しいわけで。
幸いにも座れたが、狭い通路に立ち続ける人々に囲まれちょっと肩身が狭い。
かつての特急用車両とは思えない車内混雑のなか、一時間ほどで南栗橋駅に到着。
恐ろしいほどの人ごみの駅構内をくぐり抜け、送迎バスを敬遠してひたすら歩くこと15分、やっと会場到着・・・かと思ったら、入場制限かいorz。
天候のすぐれないなか、みんなようやるわ(自分らも)。

入場してまずは早めのお昼ご飯とした。
ラーメン屋台の行列に心を動かされつつも、結局買ったのはまた駅弁。
今回は「この日のための」東武ファンフェスタ弁当なるものを購入した。
東武ファンフェスタ弁当 玄気いなり
包装紙はイベントらしくて良いのだが、いかんせん中身が・・・。
息子も途中でギブアップして(たこ焼き食べてたからなー)、私も少しつまんだけど・・・微妙だ。
一緒に買った玄気いなりはなかなか美味しかった。
玄米のつぶつぶ感が意外とお稲荷さんに合ってる気がした。

午後になり雨も降り出してきたが、車両工場の昼間閉鎖中、先に車両撮影会のほうに行ってみた。
当たり前だがものすごい人で撮影も大変。
息子もカメラ持参で行ったのに撮れなかったって。残念だね。
そのかわり母が撮っておいたからw
ファンフェスタ車両展示1 ファンフェスタ車両展示2 ファンフェスタ車両展示3
現役特急たちの顔面には東武ファンフェスタ」というステッカーがぺたんと。
先ほど私たちを運んできた1800系も鎮座してますね。帰り際に再び見たときには、1800系のヘッドマークが「団体専用」というそっけないものに戻ってました。
なぜか他社のステンレス車両があるんですけど(笑)、伊豆急カラーの東急8000系(でいいの?)だそうで、伊豆観光のラッピング車両(伊豆のなつ号)になっておりました。

続いて車両工場見学。2年前に完成した工場だから中はとてもきれい。
体験コーナーもいろいろありました。
東武ファンフェスタ・車両工場1 東武ファンフェスタ・車両工場3
マスコン体験はいろんな車両のがあって、もちろん息子は全部制覇。
東武ファンフェスタ・車両工場4ブレーキ操作体験東武ファンフェスタ・車両工場2お約束の車体吊上げ実演。
一通り廻り終えた頃には雨足もすっかり強くなってきた。
閉場時間が近かったこともあり、人もかなり少なくなっている。
さっきまであれほど並んでた制服撮影コーナーも、もはや誰も並んでいない。
なので帰る前に撮っておきました☆
東武ファンフェスタ・制服撮影
大人用の制服もあったけど(着てる人がかなりいた)、私はちょっと。

帰りは誰かさんの強い主張により特急に乗りました。
帰りはりょうもう号
最近このパターンが多くないか??
でもまあ東武の特急乗るの初めてだし、実はちょっと嬉しい私。
東武動物公園駅で1時間近く待つのもどうかと思うが(^^;)。
この駅はりょうもう号しか停車しないんだけど、奴はスペーシアのほうが良かったみたい。これ以上贅沢言うなと。


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!



テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用

21:58  |  鉄道イベント  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006'11.18 (Sat)

雑談(鉄道さめがめと、銚子電鉄と)

いろいろやらなきゃなんないことばっかりなんだけど、現実逃避しては先延ばししている毎日です。
鉄道日記とか本家のHP(デザインをマイナーチェンジしようかと)とか、PTAとか、仕事(原稿書きますよ。ページも作りますよ。だから夫よ待ってて)と。

どれもPCに向かっての作業になりますが、誘惑も多くてね・・・(^^;)。
その最もたるものが鉄道さめがめ
いわばさめがめゲームの鉄道バージョンなんですが、なかなか難しくてさ。
ついムキになってやってます。
(何のことかわからない方は「鉄道さめがめ」でググってみてください。リンクフリーじゃないようなので)。

そうそう、今秋の鉄道イベントラッシュも19日の東武ファンフェスタで終了です。近々UPしますんでお待ちを。
これからしばらくはイベントもないし、たまに乗り鉄するぐらいかなー。
年末だし寒いしあまり遠出したくないのだが、次はどこにしようか?

・・・なんて考えてたら、こんな切実なメッセージを目にいたしました。
(TOPページを下にスクロールすればわかります)。 オンラインショップはこちら

銚子電鉄の経営が厳しいことは以前から耳にしていましたが、これほど切迫した状況だとは驚かされました。
しかも理不尽すぎて悲しくなる理由なだけに。
ちばモノレールのイベントにも出展してたなあ。あの時買ってあげればよかった。
実はぬれ煎餅って苦手なんだけど、何かしらの形で協力してあげたいな。

・・・となると、次の乗り鉄は銚子電鉄かな?
年末行ける機会があればいいけどね。


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!



テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用

00:02  |  鉄道雑記  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006'11.05 (Sun)

多摩モノレール基地見学会2006

土日連続鉄道イベント第二弾は多摩都市モノレール。初めての見学です。

モノレール立川北駅よりわずか1駅の高松駅で下車し、モノレール分岐線の下を歩くこと10分弱。会場の車両基地に到着です。
多摩モノレール2006の1

入り口でパスネットの在庫処分即売会が開催されていたので、息子を放牧させてとりあえず並ぶことにした。
途中何度も息子が戻ってきてはまだ並んでるの?と文句言われまくりだったのだが、30分ほどの待ち時間で自分の番がやってきた。
とはいえ既にめぼしい柄は完売で、なんとかムシキング(息子の希望)と鉄道の日と3000円モノレール柄の3枚を購入することができた。

そのあといよいよ見学。まずは資料コーナー。
狭いスペースながらも見所は多かった。
多摩モノレール2006の3 鉄道模型のハコがモノレールw 多摩モノレール2006の4 ホームドア体験
多摩モノレール2006の2 ロングシートへの置き換えで撤去されたボックスシート。息子ご満悦

屋外展示車両は時間ごとの入れ替えだった。ちなみにこれはHITACHIラッピング車両ね。
ここでちびっこたちの特典、制服を着ての記念撮影。
うちもやりましたけど、ガタイが大きすぎて浮いてるぞ・・・(´。`;)
多摩モノレール2006の5

車庫に入る様子も間近から見えた。なんとマンションの下に車庫がある!
多摩モノレール2006の10 多摩モノレール2006の6

検修庫では車両展示と床下機器の公開中。
多摩モノレール2006の7
こうやって見ると、床下部分の占める割合が大きいんだね。
そりゃそうだ、胡座式モノレールのタイヤや機器類は下部に集中するわけで
(千葉都市モノレールのような懸垂式だとタイヤが上になりますね)。
車両の高さがこんなにあるんだと驚きました。

今回のイベントでは、工作車乗車体験や洗車乗車体験ツアーなどもあったのだが、整理券GETの行列が凄まじく並ぶ前に諦めてしまう。
それでも運転台見学の整理券だけはぎりぎりで入手できた。

息子は相変わらずデパートでDSやりたいとうるさい。
運転台見学の順番が来るまで時間があるので、一旦立川まで戻ることにした。
立川駅前っていろいろありすぎるせいで、どこにDS体験あるのか却ってわかんないんだよなぁ・・・(結局ビックカメラにあったけど)。
一時間ほどの滞在後、遊び足りない息子を引っ張り急ぎ足で車両基地に戻った。

多摩モノレール2006の8 鉄ヲタ御用達シート? 多摩モノレール2006の9 運転士さんの指導が入る

遠かったけどアットホームな感じで楽しかったですよ。
整理券の配布人数がもうちょっと多ければよかったな。

多摩モノレールは先日東京都議会財政委員会にて「負の遺産」と位置づけられてしまいましたが、営業的には黒字だというしなんとか存続してほしいものです。地元民でもないのにこんなこと言う権利はないでしょうが。


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!



テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用

23:55  |  鉄道イベント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006'11.04 (Sat)

TXまつり&関鉄車庫公開

土日連続鉄道イベント・・・ようやるわ(´0`;)

11/4はつくばエクスプレスまつり&関東鉄道まつりのWイベント。
昨年と同じく互いの会場をシャトルバス輸送という、見学者に優しいタイアップ開催です。

まずは守谷駅からシャトルバスに乗ってTXの会場へ。
2度目の開催ということもあって、会場までのシャトル輸送も比較的スムーズでした。

内容は昨年と大して変わらず、相変わらずのほのぼのムード。
但し運転室見学の整理券はゲットできず・・・(会場開始15分後に到着じゃ遅い?)

でもおもしろいもん見させてもらったよ。
スピーフィー君交代中
スピーフィーにはクローンがいるのねw 今回3体確認いたしました。
人気者ならではのハードさだったかと思いますが、中の人ほんとにお疲れ様です。
スピーフィー瓢箪 ここにもいましたスピーフィー君。

その隣の撮影会では時間ごとにヘッドマークの付け替えもあって、なかなかの盛況ぶり。
TXまつり
表示フェチの息子は「修学旅行」の文字を見つけて大喜びしてました。
*余談だがTXのHPには「臨時」表示の車両が掲載されてます(スピーフィーのページね)。
先日この写真が販売されてるのを見つけ、息子に買ってあげたら喜んだ喜んだ。

運転室には入れなかったけど、車内の見学は出入り自由。
何度も乗ってるんでもはや新鮮味はないんですけどね。
検車庫では開けっぴろげな姿の車両が待ち構えてました。
オープン・ザ・貫通扉
息子の大好きな貫通扉プラス表示は「走行試験」・・・早速ツボにはまっておりましたw

続いて関鉄まつりへ。
こちらも去年と同じ・・・と思っていたら、見慣れない色の車両がお出迎え。
ウソ電・パッチギ2仕様
一見すると京浜東北線ですが、よく見ると違いがわかりますね。
なんでこんな色してるかというと、映画撮影用の塗装ですって。
ディーゼルなのに京浜東北線のウソ電やってもいいんか(^^;)。
映画のタイトル聞いてびっくり。パッチギ2だって。
パート2やるのにも驚いたけど、まさか今度は東京編かいな?

その他のイベント内容はだいたい去年と変わらず。
DD502には去年も乗ったけど、こんなに速かったっけ??
関鉄車両勢揃い 関鉄DD502試乗

帰りに取手駅の書店で鉄道ファン買わされました・・・orz
来月号も「買ってくんなきゃテツ引退するっ!」って言ってますが、さあどうしましょう。
本気で引退する気があるか、試しに見てみたい気もするぞ(^^;)。


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!



テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用

19:45  |  鉄道イベント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006'11.03 (Fri)

ぼくらの小松崎茂展

文化の日。仕事がらみ(子連れだけど鉄道じゃないぞ)で某所まで取材に繰り出した後、ていぱーくで開催中の「ぼくらの小松崎茂展」を鑑賞してきました。

私自身は軍艦やSFものには正直興味は薄いのだけれど、実は夫の少年時代、小松崎氏が近所に住んでいて知り合いだったというので家族で行くことにしたのです。
それに最近昭和ブームで再評価されていますものね。

会場ではあちこちから「懐かしいね」「この絵なんとなく覚えてるよ」などの声が聞こえてきました。
見渡すと中年層の方々が多いかな。
さらに我が家のように家族連れもちらほら。
こどもたちも食い入るように見つめていたのが印象的でした。

・・・がしかし、うちの息子といったら・・・。
ものの5分もしないうちに「全部見てきたから、ていぱーくで遊んでくる」といって即刻退場。
君好みの鉄道の絵もたくさんあったのにねえ。やっぱり興味ないか(´0`;)

この展覧会で初めて知ったのですが、流行画家(世俗的に)の立場として時代とともに描く題材を変えながらも、途切れることなく長期間に渡って活躍されていたのは凄いです。
軍艦ものが有名ですが、ジャンルを問わずオールマイティに対応できる画力はやはり素晴らしいです。
氏のような挿絵画家・イラストレーターというのは当時画家のなかでは低く見られていたようですが、長期間に渡りこどもたちに夢を与え続けてきたというのは立派な功績ですよね。
人の心に残るものを与えられたなんて、なんて素敵なことでしょう。当然ながら隠れた苦労もあったとは思いますが。

夫の感想ですか?
「町内会のイベントで軍艦の絵出してたけど、こんなに凄い人だとは知らなかった。
 平日の昼間っから近所をぶらぶらしてて子供心ながらに不思議だった。」だそうです(^^;)

------------------------------------------------
ミュージアムショップで販売されていた本の一部です。
図説 小松崎茂ワールド 図説 小松崎茂ワールド
根本 圭助 (2005/11)
河出書房新社

この商品の詳細を見る
 ↑夫購入。
ロマンとの遭遇―小松崎茂の世界 ロマンとの遭遇―小松崎茂の世界
根本 圭助 (2006/03)
国書刊行会

この商品の詳細を見る

小松崎茂 作品集(大和) 2007年 カレンダー 小松崎茂 作品集(大和) 2007年 カレンダー
(2006/10/14)
エトワール(ハゴロモ)

この商品の詳細を見る

------------------------------------------------


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!


テーマ : 昭和文化 - ジャンル : サブカル

21:39  |  そのほか  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006'11.02 (Thu)

ドクターイエローが怖い

夜のこと。一人で鉄道本読んでた息子がしょげた声で近づいてきた。
「ママー、俺さびしくなっちゃったんだよ。」

何事かと詳しく聞いてみると、全く予想してなかった返答が。
「ドクターイエローの内臓カメラの写真見てたら吸い込まれそうになってしまって。
 吸い込まれてしまったら、もう俺は二度とこっちに戻ってこれない。
 パパとママとも永遠にお別れだぁ・・・(TT)」


顔面のライトの下についてる窓(位置的には鼻)のなかにカメラがあるんですが、それが突然怖くなったらしい(^^;)
ドクターイエロー ドクターイエロー
鉄道 (2005/10/08)
ビデオメーカー

この商品の詳細を見る

108ピース 923形(ドクターイエロー) 26-075S 108ピース 923形(ドクターイエロー) 26-075S
(2005/07/06)
エポック社

この商品の詳細を見る
  

前の晩から急に怖くなっちゃったんだって。でもどうしても私に言えなかったと。
そうだったの~でもなんでまた突然。感受性が豊かになったと捉えてよいものか。

「ママがついてるからといってもどうやって助けるんだよっ!
どこでもドアがあれば脱出できるのに・・・orz」


眠れなくなっちゃうといけないので、一緒にその本を見ようと約束してから一緒にお風呂入りました(久々だなあ)。
それでもまだドクターイエローが怖くてたまんないそうです。
日比谷線に続いての鉄道トラウマだな(^^;)


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

23:30  |  鉄ヲタ息子  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006'11.01 (Wed)

地下鉄(メトロ)に乗って

映画「地下鉄に乗って」を観てきました。
珍しく東京メトロが撮影協力(タイアップともいうな)しています。
そういうわけで劇中地下鉄の駅や車内がふんだんに登場しているのですが・・・。

浅田次郎氏がこの小説を発表したのが1994年。
恐らく原作ではその当時を軸にして描かれているはずなので、当然ながら21世紀初頭の今とは地下鉄をとりまく光景も変化しているわけで。
真っ赤な丸の内線車両が引退して走行できないから、代わりに東西線5000系をラッピングして撮影したのはいいんですが、根本的な設定のズレはそのままなんですよね。

主人公は43歳なのに、東京オリンピックの年(1964年)当時の彼は中学生か高校生ぐらい。
そのとき亡くなった兄(終戦前後の生まれで当時高校生)との年齢差がさほど感じられないのは何故・・・?
ヒロインみち子の年齢設定は・・・?
おかげで頭の中が混乱したまま終わってしまいました。

・・・ ・・・(--;)たぶんこういう風に思い込みゃいいんだ。

「この映画は10年以上前の話だ」 ←これ重要
「営団地下鉄は10年以上前に民営化されていた」

「東京メトロ全駅スタンプラリーは10年以上前に開催されていた」
「だから東急田園都市線のことを新玉川線と呼んでるんだ」

皆さんも頭の中でそうつぶやきながら鑑賞すれば辻褄が合うんではないかと(強引)。

ストーリー自体は考えさせられつつも楽しめる展開でしたので。
キャストもイメージに合ってると思いますよ。
営団時代に映画化されてたら良かったんでしょうね。

ところで撮影用のラッピング5000系はその後どうなったんでしょうか?
せっかく化けたんだから、公開記念で走らせてくれれば良かったのにな。
まさか引退直前にさよなら運転とかするんじゃないでしょうね???

ちなみに営団時代の丸の内線ウソ電バージョン(元は現在の丸の内線02系)はこちら
  映画公式サイトの丸の内線と比べてみてください。
------------------------------------------------
地下鉄(メトロ)に乗って―特別版 地下鉄(メトロ)に乗って―特別版
浅田 次郎 (2006/07)
徳間書店

この商品の詳細を見る

地下鉄に乗って 地下鉄に乗って
浅田 次郎 (2006/10/13)
講談社

この商品の詳細を見る
コミックス版なんてあるのご存知でした?
------------------------------------------------


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!


テーマ : 地下鉄(メトロ)に乗って - ジャンル : 映画

23:28  |  鉄道本とかCDとかTVとか  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。