All archives    Admin

10月≪ 2005年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005'11.27 (Sun)

風っこ南房総号に乗ってきた

風っこ南房総号

詳しい乗り鉄記は鉄ちゃん息子と母のおでかけ記にて!

日曜日は朝早くから電車に乗りまず蘇我へ向かう。
千葉から乗った113系のボックスシートは腰のあたりに暖房が入り、大変気持ちがよかった(^^)。古い車両もあなどれないね。

蘇我からは安房鴨川行きのビューわかしおに乗車。
昨年登場したE257系に押された感があるが、10年以上経ってもデザインに古臭い感じが全くない。
だけど私達の席に上着掛けフックがない・・・不便だ。
前の日記に書いたとおり、私はビール片手にくつろいでいた。
息子は相変わらず停車駅がどうこうとうるさい。

今回わざわざ南房総までやってきたのは、この週末だけ運行されるトロッコ列車「風っこ南房総号」に乗るためだが、びゅうの日帰りツアーに申し込んだためオプションがいろいろくっついており、私達は鴨川シーワールドに滞在後風っこ号に乗車するプランを選んだ。だって他のコースの食事は息子の食べられないものばかり・・・。

奴にとってはぶっちゃけ水族館なんてどうでも良かったのかもしれない。
そんなことに気づかされたのは現地に到着した後だった。

鴨川シーワールドといったらシャチのショーだろ。
そんなの見たくない?
シャチなら着ぐるみのほうが好き(実際発見して大喜びで抱きついていた)。
アシカのショーもなんで見なきゃいけないの?
館内スタンプラリーのほうが大事。
いやほんと連れていき甲斐のない奴だ・・・orz
そのぶん私は楽しんできましたよ(^-^;)
オウサマペンギンはどうして背中に後頭部つけられるのか?(首柔らかすぎ)とか考えながらまわってました。

安房鴨川駅に戻りホームの足湯を堪能した後、いよいよ風っこ号がお目見え。
レトロ調の車内にはランタンが吊るされ、木製の座席と天井から足元までの窓がとても雰囲気よく開放的。
臨時列車ということで、なんと地元の観光アピールを兼ねておにぎりと伊勢海老の味噌汁がふるまわれた。海老嫌いの息子のかわりに、私が有難く二人分頂戴した。

今回のルートである安房鴨川~館山間では、前半南房総の海沿いを走行するのでなかなかの景色だ。
しかし私達の座席はまたしても山側。こっちで座席選べないから仕方ないが、こちらのほうもススキが風にたなびく光景が秋らしくていい感じだ。
千倉から先は内陸部を走るので海とはお別れ。あっという間で館山だ。

館山からは内房線経由の新宿さざなみ号に乗って帰路についた。
今度は新型車両E257系。
なんとなく顔面が気に入らないが、内装はさすがに充実。洋服掛けフックもちゃんとありました(笑)。
もうその頃には疲れ果てていて、酒買う気力もなく眠ってしまった。
その隣で息子が次の停車駅はどこだと質問攻めしてくる。頼むから寝かせてくれ~!!

行きが外房線経由だったから、結局日帰りで房総半島一周したことになるな。
そりゃ疲れるわ(^^;)。
息子は帰りも外房線のほうがよかったらしいが(理由は不明)。

人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

23:52  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'11.27 (Sun)

日曜午前のビューわかしお車内で息子が一言

「どうしてママは特急列車乗ったら必ずお酒飲まなきゃいけないの?関口さんは特急列車乗ってもお酒飲んでなかったよー」

関口さん
というのはこれね↓ 秋編まだかな。DVDも欲しいが予算が・・・。

別冊宝島「列島縦断 鉄道12000km 最長片道切符の旅」<DVD> 別冊宝島「列島縦断 鉄道12000km 最長片道切符の旅」
「NHK列島縦断鉄道12000km最長片道切符の旅」制作班、別冊宝島取材班 他 (2004/11/03)
宝島社

この商品の詳細を見る
 
列島縦断 鉄道乗りつくしの旅 JR20000km全線走破 春編  別冊宝島 列島縦断 鉄道乗りつくしの旅 JR20000km全線走破 春編 別冊宝島
「NHK列島縦断鉄道乗りつくしの旅JR20000km全線走破春編」制作班、別冊宝島取材班 他 (2005/07/25)
宝島社

この商品の詳細を見る
どうしてビューわかしお乗ったのかはまた後で。

人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

23:29  |  鉄道雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'11.05 (Sat)

TXまつり&関鉄鉄道の日イベント

鉄イベントめぐり初の茨城遠征ですっ!
茨城って遠いとばかり思っていましたが、隣の県だしTXを利用すれば意外とそうでもないのですね。

まずはTXまつりから。
会場の車両基地に向かうには関鉄新守谷駅からシャトルバス利用というちょっと不便なルートで、バス待ちに時間を費やさなければならないのが不便。
せめてTX守谷駅からバス出してくれないかな・・・とも感じなくもない。

TXまつり

車両基地での様子はどうかというと、車両を使ったイベントは車内公開と写真撮影会ぐらいでのんびりしたものだった。
どちらかいうとメインは沿線自治体関連の出展かな。
とても広い会場だったので、さほど混雑を感じなかったのもよかった。
息子はスピーフィーに再会して大喜びしたり、バッヂ製作体験に励んだりと、これまたのんびり過ごしていた。

息子がどうしても欲しいといって買ってあげたのは何故か北総鉄道のレジャーシートで、私が買ったのは出店していた雑貨店のイラストポスターということで、TXと関係のないものばかり(^^;)。
抽選でTX鉛筆(末等)とタオル(下から2番目)をもらった。

午後は関鉄の車両基地公開に移動。
TX会場からのシャトルバスを利用したのだが、ここでも再びバス待ち。
待っている間鉄ヲタのお兄さんにずっと話しかけられてしまった(^^;)。

バスに乗っている間車窓風景の写真を撮ろうとしたら、その瞬間デジカメの調子が悪くなって凹んだ。
追い討ちをかけるように、隣に座っていた方に写真見せつけられた。その写真撮りたかったのに・・・orz

気を取り直して関鉄車両基地にたどり着く。
TXの車両基地に比べたら狭いし年季も入っている。
関鉄車庫

こちらではクレーンでの車両吊り上げや機関車乗車体験、運転体験(これは事前申込み者が対象)などが開催されいた。
息子は塗り絵コーナーで気合の入った塗りつぶし(書き殴りといったほうが・・・)に励んでいた。
鉄道部品の即売会では、用済みの時刻表やアタッシュケースなどが¥1000とか¥2000とかで販売されていたが、これって安いのか高いのか?

帰りは水街道駅から関鉄とTXと武蔵野線を乗り継いで帰宅。
2箇所ハシゴした割には疲れなかったな。

人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

23:48  |  鉄道イベント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。