All archives    Admin

04月≪ 2005年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005'05.28 (Sat)

おおみや鉄道ふれあいフェスティバル

少し前カレンダーに大宮と書いておいたのがばれて息子に「イベント?」と指摘されたのですが、そのときは「大宮さんという人と会うの」と適当なこといってごまかしてしまいました。
正直うちからだと遠いし、きっと激混みだろうし、どうしようかな~と直前まで迷っていましたが、結局行っちゃうんだよね(^^;)。
しかもどちらかいうと行きたがったのは私のほう。

***
28日は年に一回の大宮車両センター公開日。
初めてだけど夏休みの大井町のと似たような感じかな?と予備知識もなく出かけました。
今回はHPにも詳しい告知がなかったので、どんなものがあるのか全くわかりません。

そしていざ臨んだ大宮。
整列入場かーやはり混んでるなと感じながらも、のんびり回ってみようかと。
息子のほうはというと、案内図に載っていた電車でGO!の文字を見つけ、俄然瞳が輝いたのでした。
おいもっといろいろまわろうよぉ・・・。

当然ながら電車でGO!もすごい行列ですが、息子は文句もいわず並んでおりました。
並んでいる子供達と一緒になって、かみ合っていない会話をしたり、他の子の運転に突っ込みいれたりといった感じで、これには私が驚いた。
だって1時間以上並んでいられたんですよ。いやぁ電車でGO!様様ですわ。

その間私は特急少年の店長さんとお話したり(その節はどうも。買わずにごめんなさい)、展示車両の写真を撮りに行ったりしてました。ある程度でも身軽に動けるのは嬉しい。

たけど息子にとっては電車見ることよりもゲームで遊ぶほうがいいんだなと実感させられ、まるで恋愛中男女の心変わりに似た感じだなあと、一人寂しくなったのでした。

結局3台全部プレイしたから、ここだけで3時間以上いたことになる(^^;)。
レベル的には下手の横好きだけどね。
あまりに突っ込みばかり入れてるから、自分のプレイで早々にゲームオーバーになった際係員さんに「もっと上手かと思った」と言われてました。

その後は今日がさよなら運転だという115系電車に息子だけ乗り、あとはお約束のパンタグラフ操作体験と鉄道模型。

私の感想ですが、広すぎますねえ。端から端まで歩き回るの大変ですよ。
その分内容は盛りだくさん。
ACトレインも初めて見ることができたけど、いろんな座席のバリエーションがあって面白かったです(実用化されるのはそのうちの一握りだと思うが)。
資料館も広さの割には充実していたし、息子もNゲージ発見して大喜びだし・・・ってここでも興味は鉄道模型か(^^;)。

再来年には鉄道博物館もできるんだよね。
開館したら行ってみましょうっと。
スポンサーサイト
17:09  |  鉄道イベント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'05.24 (Tue)

箱根旅行2日目~復路はVSEの展望席

image0524hakone1.jpg

24日(火)。
すっかり温泉にはまった息子と朝から入浴。
早めにチェックアウトした後はどこに行こうか・・・。
夫の都合と息子の「帰りもVSEに乗りたい」という要求のおかげで、お昼過ぎには箱根を去る予定なので、そんなに観光できる余裕もない。
なので湯本近辺ということで、行き先はベコニア園とおもちゃ博物館に決めた。

ベコニア園にはAM9の開園とともに到着していたものの、日帰り温泉のオープンがAM10からなので時間を潰すのに意外と難儀する。
花の観賞だけじゃ1時間はもたないのよねー。
息子も風呂はまだかまだかとうるさいし、ソフトクリーム買って買ってとこれまたうるさいし。
仕方ないので今日は1個だけという約束で買ってあげたソフトクリームが、予想に反して美味しい!!
中でも一番美味しいと喜んでいたのは夫。
1個だけという息子との約束を自ら破って、帰り際にもう一個買っていた。

日帰り温泉はオープン直後なだけに独り占め状態(^-^)。あー極楽極楽♪
旅の終わりに温泉入れるのはいいよね。
ただ貧乏性なのか私は、落ち着かなくて長いこと湯船に入ってられないのです。

すっかり温泉三昧した後は、おもちゃ博物館へ。
思ったよりも鉄道ブリキおもちゃが多くてけっこう嬉しい。
夫は北原館長のサクセスストーリー(夢はかなう系)に釘付け。
息子は鉄道よりも車のおもちゃのほうが気になる様子(悲)。
だけど「パンツセット欲しい~買って~」って騒ぐので何のことかと思っていたら、これだった。
「ツ」じゃなくて「チ」ね(笑)。
まだまだ鉄ちゃんだなあー。これなら安いし(売店では200円位した)買ってあげてもいいや。

***
そして再びVSEに乗車。
今度は待望の展望席最前列!とはいえ最後尾なのですが。
なんか私もわくわくだなぁ。どんな気分なんだろうか・・・。

感想は・・・むちゃくちゃ暑い!!
前面と左右の大きな窓に囲まれて、サンルームにいるような感覚です。
なので晴天時はものすごく暑いのです(曇っているときはそうでもないのですが)。
私の印象ではロマンスカー=冷房キツイ(あさぎりで帰省したくない理由がこれ)というものなので、乗ってて暑いと感じたのは初めての経験。
まあ冷房冷えするよりはいいけど。

眺めはさすがですねー。
他のロマンスカーとすれ違う瞬間なんかがとくに良いです。
通ってきた線路がまっすぐ繋がっている様子は、まるで紀行番組を見てるようだわ。

展望席やみつきになりそうです。暑ささえしのげれば(^^;)。
17:09  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'05.23 (Mon)

箱根旅行1日目つづき~箱根登山鉄道その他

image0523hakone2.jpg

思いもよらぬアクシデントで始まった箱根の旅だがなんとか到着し、昼食後早速登山鉄道に乗ることに。

名物のアジサイには時期が早いけど、新緑に囲まれてなかなか爽快。
スイッチバックで忙しそうに走って交代する車掌と運転士。
急斜面をぐんぐん登っている感覚が座席にも伝わってくる。
これから山中に向かっていく感じが、箱根に来たよねーと実感させられる。

強羅からはケーブルカーに乗車。
頂上に向かって直線に敷かれたレールを上から見ると、けっこう急だと感じるのだけど、実は地図を見ると比較的緩やかな傾斜のところなんだよね。
これ以上急斜面だと不可能か(^^;)。
上に進むほど視界が開けて眺めも良いし、ケーブルカーって単純明快なところが好き。

お次は早雲山よりロープウェーで大涌谷まで進む。
新型の車両は360度の視界が売りだそうだが、さすがに下は小さな通気穴が開いてるだけで見えないか。
はるか昔伊豆長岡のロープウェーに乗ったとき、床までアクリル貼りで怖い思いをしたんでこっちのほうがいいや。
大涌谷では上まで登らず、売店で黒タマゴをみんなでほおばった。

当初の予定ではここで引き返すはずだったんだが、やはり息子の乗り物欲は収まらず、この先のロープウェーにも乗りたいとお願いしてくる。
なので乗り換えて桃源台まで行くことにした。
今度は小さな昔からあるロープウェー。

桃源台についてちょっとだけ芦ノ湖見たあとは、ひたすら引き返す(時間の関係で遊覧船はパス)。
結局乗り物に乗っただけの一日になってしまったが、鉄ヲタにはこれでいいのか(^^;)。

***
夜は湯本のホテルで一泊。
お子様料理の内容がメイン以外大人と殆ど変わらず、食べられるものがなくて息子に文句言われた。

奴は温泉に目覚めたもようで、2度目の入浴は神田川のようにそれぞれ男・女風呂に入って出口で待ち合わせなんてことをやってみた。
入浴中粗相おかしたりしてないだろうか・・・と不安でしたが、まあ大丈夫だったみたい。
ただひとつ、バスタオルを間違えて浴場に持って行ってしまい、ずぶぬれにしてしまったことを除けば・・・。

17:06  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'05.23 (Mon)

箱根旅行1日目~新型ロマンスカーVSEカンヅメ体験

image0523hakone43.jpg

23日(月)。息子が乗りたいと以前から言っていた、新しいロマンスカーに乗って箱根へ。

AM10:00過ぎ、楽しみにしてたVSEにいよいよ乗車。
往路は1号車だけど展望席が取れず後ろのほう。
だけど乗れただけでもワクワクする。

ロマンスカー弁当も買って、最初はのんびり走ってるが、これから約80分あっという間の列車旅を堪能したい・・・はずだったのですが。

相模大野の手前で緊急停車すること何十分、その後相模大野までたどり着き更に待つこと何十分。
前を走っていた電車が人身事故に巻き込まれたらしく、復旧の見通しがたたないから運転打ち切り・振替輸送とのアナウンス!

当然ながら乗客は混乱した状態。息子は言うまでもなく。
何とかして箱根行こうよぉと話し合っていたら、間もなくして再びアナウンス。
運転再開の見込みがたったとのことでひと安心。
だけどまだまだ列車は動く気配がありません。

その間息子の機嫌は徐々に悪くなっていく。
まあパニックまではいかなかったから良かったけどさ(^^;)。
結局45分遅れで運行再開。乗り換えしなくて済んで本当に助かった。

偶然この車内にはNHKの取材クルーが搭乗していて、番組の収録を行っていた。
彼らも運行再開してくれてほっとしたことだろう。

私が席を外している間に、なんと息子がインタビューされたらしい!
ぼそっと「おねえさん(レポーターの女性)かわいかった」とつぶやく息子だが、
夫にインタビューの様子を聞くと、
「むかつくとか、途中停車は嫌だとか、ずっと電車遅延に対する文句ばかり言ってたよ」とのこと。

こりゃきっとボツになるでしょうね(^^;)。
一応放映を楽しみにしておくことにするが。

そういうわけで45分遅れの正午過ぎ、やっと箱根湯本にたどり着いたのでした~。

駅に降り立ってみると、ホームでは平日なのに観光客で溢れ帰っている。
さすが観光地だなーと思っていたら、実は私達が乗った後のロマンスカーは軒並み運休になったそうだ。
それで混乱が生じていたというわけ。
結局後続ロマンスカーの運行再開はPM3時過ぎだったというし、運休になった列車に乗るはずだった人たちは大変な思いをしたことだろう。
間一髪というか、少し後ろめたい気持ちになってしまった。

***
箱根での過ごし方は、湯本から箱根登山鉄道~ケーブルカー~大型ロープウェーで大涌谷~小型ロープウェーで桃源台まで行き、時間が無いので芦ノ湖は眺めただけで、また引き返し宿に向かったのでした。

16:58  |  鉄な旅  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'05.18 (Wed)

HP更新-子供の顔で遊んでみた

メインのHP更新しました。
春休みの分がこれでやっと終わったよ(^^;)

それで今回息子の顔をモザイクかける際、ちょっと遊んでみました。

これがHPに掲載したへのへのもへじバージョン。
image0329yuri26.jpg


だけど本人にはいたく不評でして、見るたびに「へのへのもへじ取って」とせがまれるのだが、おおっぴらに顔出すのはいかがかと思い(遅い?)このままにしておくつもり。

だけどまあそんなにへのへのもへじが嫌ならこっちはどうだ!
image0329yuri32.jpg


顔書くのは難しいわぁー。

ということでちょっと遊んでみたのでした(私のチカラじゃこれが限界)。

16:53  |  鉄ヲタ息子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'05.07 (Sat)

東京メトロスタンプラリー全駅制覇っ!!

予定より早く、7日土曜日に有楽町線の残りと南北線を乗り潰し、とうとう全駅制覇しちゃいました!

誰かさんがスタンプ帳をホームに置き忘れたまま電車に乗っちゃって、泣く泣く15分ぶん(6駅)引き返したりしましたが、なんとかぎりぎりで景品交換もできました。

今回のスタンプラリーは全部の駅というと一見大変そうに思えるかもしれないけど、地下鉄は一駅間の間隔が短いし接続も良いので、そんなに苦ではありませんでした。
JR東のポケモンスタンプラリーに比べたらもう天国のようだよ・・・。

そんな気軽さから、このラリーは意外と人気あるようですね。
全駅制覇したと思われる方(大人が多い)が賞品を手にしている姿をしばしば見かけたりもしました(息子はそういう人を発見すると必ず近寄ります)。

地下鉄好きの息子は全駅制覇して大喜びしていましたが、賞品が東京メトロのマークが入った書類バッグなので、持って帰るのがかなり恥ずかしかった私(^^;)←なら一緒にスタンプ帳持ってまわるなよって?

息子はまだまだ飽き足らず、今度は自作のスタンプ帳でいろいろ押してます。
ごちゃごちゃ手書きしてあって、なんかおもろい。

各駅のスタンプも名所旧跡や電車の図柄など工夫されていて、見比べるのも楽しかったです。
だけど唯一、行徳駅の図柄が駅員さんの帽子なのには激しく萎えましたが(苦笑)。
息子によるとこの図柄は氷川台駅のスタンプが氷川きよしでないのと同じぐらい疑問に感じているそうです。
16:51  |  鉄道イベント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'05.05 (Thu)

東京メトロ 5.5ちびっこメトロ号

朝も早うから乗ってきました。なんと倍率14.6倍だったそうです。2倍切ってると思ってたんだが(^^;)。

9時少し前、銀座線三越駅前のホームに臨時列車が到着しました。
これが「5.5(ゴーゴー)ちびっこメトロ号」。
お約束のヘッドマークだけではなく、各車両の車内には巨大鯉のぼりが吊り下がってました。
これがなかなか壮観で、参加者一同拍手と歓声の嵐でした。
55metrotrain.jpg


今回のルートは、まず銀座線浅草までノンストップで走り、浅草駅からは引込み線を走行。
折り返して今度は幻の万世橋駅を通り(一瞬なので殆ど印象に残らず)、幻の新橋駅ホームへと案内された後は、赤坂見附より丸ノ内線に入り荻窪までノンストップ。
荻窪で引込み線に入った後(私はトイレ行きたかったんでリタイア。息子は堪能したとさ)、再合流後折り返しの車内でクイズ大会。
お昼頃三越前駅に戻るというルートでした。

まあずっと地下なんで、車窓風景も臨めず、幻のスポットも車内からじゃ上手く写真が撮れずと、なかなか写真に収めるのは難しかったんですが、とにかく鯉のぼりを掲げた車内が素晴らしかったんで、それだけでも充分満喫できました。
各駅のホームで待っている皆さんは、いきなりこんな電車が現れて驚いていた様子でしたけど、好感触だったかと思います。
東京メトロさんも粋なことやりますね☆

***
今回最も心配してたのは、最後に行われるというクイズ大会。
また息子が賞品GETできなくて暴れるんだろうな・・・。
なので事前に口を酸っぱくして説得したのですが、本人は「じゃ賞品もらえなかったらパスネット買ってよー」とか「もし賞品もらえなくて暴れたら??」という言い草で、全然応えてくれません(涙)。

しかし結果は心配無用。
子供の日だからお子さんには全員賞品あげますということだったので、息子の機嫌は損なわれることなく済んだのでした。

だけどその景品てば銀座線のチョロQか・・・。既に2個持ってるじゃん(^^;)。

ちなみにクイズの結果は20問中、息子15問私16問。
ヒントがいっぱいあった割には微妙だな・・・。
正直なところもうちょっといくかと思ってたんだが。

***
お昼頃イベントが終了したので、午後はスタンプラリーの続きで半蔵門線の残りをやりました。
ラストが神保町だったので、ついでに書店街でたむろって、鉄向けの本屋に連れてったら息子は喜んでました。
電車(JR E231系)の刻印が入った草加煎餅を買わされました。

16:51  |  鉄道イベント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。