All archives    Admin

02月≪ 2005年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005'03.30 (Wed)

東京メトロスタンプラリー(銀座線編)

水曜日は東京メトロのスタンプラリーへ。路線順に制覇したいという息子の希望で銀座線を巡ることにしました。
途中喧嘩しながらも比較的順調にクリアでき、賞品の1号ダイヤレプリカを手に入れることができました。

ただアスペ(推定)息子と一緒だと非常に疲れるんですよ。
座席にわざと荷物置いて隣に座らせないので注意するとキレるし、その他もろもろ態度悪し…。周りの冷ややかな目との板挟みですわ^^;

途中単独で巡っていた男の子と一緒になったのですが、さすが一人でやってるだけあって話の内容がマニアックだわ…^^;。この日が春休みの塾の貴重なお休みなんですって。中学受験頑張ってね。

***
それではこれから巡る方々にプチアドバイス。

・乗り換え駅でも駅名が違う場合は別のスタンプになります!
しかしスタンプ帳にはそんなこと表示されてませんので要注意!
私達は溜池山王=国会議事堂でえらい目に遇いました(+_+)。
あそこで同じスタンプ押して大丈夫だと教えてくれたお兄さんもきっと勘違いしたまま…。

・銀座線の末広町~田原町間は、渋谷行きホームにスタンプがあります(上野は除く)。
上り下りホームが接続していないので、先に浅草まで行ったほうが効率的。
そうでないといちいち地上に出て横断歩道を渡ることになってしまいます。

全駅制覇って大変そうに思えるけど、距離が短いからポケモンのときよりは全然楽…。
次回は丸の内線の予定です。

スポンサーサイト
16:43  |  鉄道イベント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'03.29 (Tue)

ゆりかもめ親子見学会

今度は無料でご招待です。申し込んだら当たりました(って抽選したのかな?)

ご存知のようにゆりかもめは新交通システムです。
ゴムタイヤで走行する変わった奴ですがれっきとした鉄道。
列車以外の見学会は初めての体験なのでちょっと興味がありました。

まずは集合場所である有明駅から見学会専用のゆりかもめに乗り込み、引込み線を通って車庫に案内されました。

到着後本社にて資料を頂きビデオを見て、総合指令所をガラス越しに覗いた後、隣接する検査場に案内されました。
ここでは車両点検。定期検査の種類や内容は列車と変わりませんね。

続いてはまたまたゆりかもめに乗り込み留置線内を走行。
普段無人運転のゆりかもめですが(総合指令所と車内の運転装置が連動している)、車庫内では有人運転になります。
整備担当の方がちゃんと指差し確認しながら運転してるよ。不思議だ。

停車後の車内では案内放送合戦。
はい、やっぱり息子しゃしゃりでてきます。
その場にいた男の子と2人でマイクの奪い合い状態(^^;)。
相手の男の子が終了時「もっと対抗するぅ~」といって悔しがってました。対抗してたんか???

その後本社に戻り、グッズを買わされお土産をいただき、最後は質問タイム。
息子は最後まで持たず(--;)。ううぅ毎回毎回なんでコイツはよぉ・・・。

小規模な鉄道なので2時間ほどで終了しましたが、こぢんまりとしていたし質問にも丁寧に答えて頂いたりと親切にしてくださいました。
無料の割にはお茶とジュースも出たりお土産もいただいたり、なかなかサービスが良かったです。
16:43  |  鉄道イベント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'03.26 (Sat)

山手線120周年記念イベント

またもや有料イベントに参加してしまいました。
今回は山手線開業120周年イベント列車に乗って山手線一周、その後大井町の車庫に行って見学会という内容。

果たしてうちのこだわり息子が1時間ノンストップの列車に乗って耐えられるか、はっきりいってギャンブルに挑むような感じで申し込んでしまいました(笑)。

ところが乗ってみたら心配無用、大声を発したり暴れたりすることもなく、おとなしく窓の外を眺めニコニコしてました。
私も安心しきって熟睡・・・電車を愛する人たちばかりを乗せて、しかも各駅いたるところにカメラ構えた人たちがスタンバイしているというのに、ほとんどの行程を熟睡している私って罰あたりかな?(^^;)

一日駅長の三遊亭園歌師匠とも記念写真をとらせて頂きました♪

大崎駅発着で一周した列車は、そのまま大井町の東京総合車両センターまで進んでいきました。
到着後は息子にとっての新たな鬼門、ジャンケン大会が行われるそう。
そう、奴は正月に交通博物館でジャンケン負けて大泣きした過去があるので、とっても不安なのですが・・・。

だけど奴の心は目の前にある運転シュミレーターに奪われっぱなし。
結局私だけがジャンケンに参加することになりました。ホッ。
結果はもちろん?負けですよ。息子に責められましたがドンマイだってば。

それからはお弁当を挟んで、息子はずーっと運転シュミレーターばっかし。
車庫には3時間ほど滞在してましたが、待ち時間入れて2時間以上はこのコーナーにへばりついてたかも。
自称「オレは運転のプロだから」と係の方に啖呵切ってた彼ですが、最初の1回を覗いて過走はっかりしてました。やっぱりな(^^;)

その最初の1回やってる最中、渦中の某TV局が息子の運転風景を撮影していたのですが、夕方のニュースではカットされてました。ショボーン

今回のイベントは、有料で人数を絞っていたこともあって、とてもゆったりとした感じで引率者として楽でした。
息子も運転やりたい放題で満足した模様。
小規模なせいか食べ物が記念弁当しか売ってなかったのが難といえば難ですが。
11:28  |  鉄道イベント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。