All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'06.08 (Fri)

「モネ展」感想を鉄子風に述べてみる

国立新美術館にて開催中の「モネ大回顧展」を鑑賞してきました。
話題の展覧会ということもあり、平日ながらそれなりの人出。
でもまあ、公式HPに「平日は午後のほうが空いてる」と記載されてたこともあり、お昼時の新美術館は鑑賞に支障をきたすほどではなかったです。

で、本題の「モネ大回顧展」。
若き時代から晩年まで、モネの絵をここまで取り揃えた展覧会はなかったでしょう。
初期の比較的かっちりしていた筆致も、対象が光彩の動きへと移るようになり、晩年は抽象的な(老齢で目を患ったことも原因)ものへと変化する様子は、まさに一人の画家の人生を順に追っていくような感覚です。
個人的には「ラ・ジャポネーズ」が出品されていないのが残念ですが。

全体的な感想はここまでにして、これからは鉄子風に突っ込んでみます。

モネという画家は駅や汽車を題材にしたものも多いのですが、今回も有名な「サン=ラザール駅」などを含め何点か展示されています。

モネは光の動きを追い求めただけでなく、霧のぼやけた景色も好んで描いたといいます。
それでふと思ったんだけど、もしかしたらモネが描きたかったのは汽車や駅舎といった構造物よりも、吐き出される煙のほうだったんじゃないか?
電車全盛の時代に生きてれば、題材として興味を示したのだろうか?


ところでこのモネ展、会場限定のコラボ商品がやたらと幅をきかせています。
キタムラとかル・クルーゼとか、もはやミュージアムグッズの一線を超えてしまったというか。
そのうちのひとつが、SEIKOと組んだ「鉄道時計 モネ展限定バージョン」 。
いやもう鉄道グッズとは思えない出来栄え。
文字盤のグラデーションとラベンダー色の革ベルトが素敵すぎます。
鉄道時計と聞いて引いちゃう方も多いでしょうが、これなら女性でも全然平気。

予算的に手が出せないので(そもそも時計なんかつけないし)、代わりに購入したのがこちら。
モネ展で買ったもの
クリアファイル(鉄子的にはこの絵柄でしょう)と極小ジグソーパズル2点、そして子供用のモネ入門書。
いちおしは「BONJOUR モネ先生!」という子ども手帳。
モネの人生を非常にわかりやすく解説したうえに、少年少女に「きみは将来どう生きたい?」と問いかけるような内容が素晴らしい。いいね、人生すごろく。
大人の方にもお薦めします。これから行かれる方はぜひ買ってみて♪
極小ジグソーパズルのほうは、現在「サン=ラザール駅」のほうに挑戦中。
息子が早々にギブアップしたんで、小指より小さなピースを相手に孤独な戦いです。

P.S.ル・クルーゼのピンクのやつ、売り切れでなければなぁ・・・。

 
人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!

スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

22:12  |  そのほか  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'01.01 (Mon)

謹賀新年2007

皆様あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いしますm(..)m


息子の成長は嬉しいのですが、いつの日か母子で乗り鉄出かけられなくなる時も近づいてくるんだと思うと、ちょっと寂しい気もします。
その日が訪れる前に、今のうち行っとかないと(^^;)
(てか、たまにはダンナと行けよ)。

下の画像↓は玄関ディズプレイの正月バージョンです。
クリスマスのときはサンタに驚いてたくるみ人形ですが、今度は獅子舞に慌てておりますw

玄関2007正月ver.


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!


09:58  |  そのほか  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2006'11.03 (Fri)

ぼくらの小松崎茂展

文化の日。仕事がらみ(子連れだけど鉄道じゃないぞ)で某所まで取材に繰り出した後、ていぱーくで開催中の「ぼくらの小松崎茂展」を鑑賞してきました。

私自身は軍艦やSFものには正直興味は薄いのだけれど、実は夫の少年時代、小松崎氏が近所に住んでいて知り合いだったというので家族で行くことにしたのです。
それに最近昭和ブームで再評価されていますものね。

会場ではあちこちから「懐かしいね」「この絵なんとなく覚えてるよ」などの声が聞こえてきました。
見渡すと中年層の方々が多いかな。
さらに我が家のように家族連れもちらほら。
こどもたちも食い入るように見つめていたのが印象的でした。

・・・がしかし、うちの息子といったら・・・。
ものの5分もしないうちに「全部見てきたから、ていぱーくで遊んでくる」といって即刻退場。
君好みの鉄道の絵もたくさんあったのにねえ。やっぱり興味ないか(´0`;)

この展覧会で初めて知ったのですが、流行画家(世俗的に)の立場として時代とともに描く題材を変えながらも、途切れることなく長期間に渡って活躍されていたのは凄いです。
軍艦ものが有名ですが、ジャンルを問わずオールマイティに対応できる画力はやはり素晴らしいです。
氏のような挿絵画家・イラストレーターというのは当時画家のなかでは低く見られていたようですが、長期間に渡りこどもたちに夢を与え続けてきたというのは立派な功績ですよね。
人の心に残るものを与えられたなんて、なんて素敵なことでしょう。当然ながら隠れた苦労もあったとは思いますが。

夫の感想ですか?
「町内会のイベントで軍艦の絵出してたけど、こんなに凄い人だとは知らなかった。
 平日の昼間っから近所をぶらぶらしてて子供心ながらに不思議だった。」だそうです(^^;)

------------------------------------------------
ミュージアムショップで販売されていた本の一部です。
図説 小松崎茂ワールド 図説 小松崎茂ワールド
根本 圭助 (2005/11)
河出書房新社

この商品の詳細を見る
 ↑夫購入。
ロマンとの遭遇―小松崎茂の世界 ロマンとの遭遇―小松崎茂の世界
根本 圭助 (2006/03)
国書刊行会

この商品の詳細を見る

小松崎茂 作品集(大和) 2007年 カレンダー 小松崎茂 作品集(大和) 2007年 カレンダー
(2006/10/14)
エトワール(ハゴロモ)

この商品の詳細を見る

------------------------------------------------


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!


テーマ : 昭和文化 - ジャンル : サブカル

21:39  |  そのほか  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006'09.02 (Sat)

スカンジナビアよ永遠に・・・

鉄道ネタじゃないけど、あまりに驚いたんで。
--------

その昔私が住んでた街の片隅に、豪華客船だったという一隻の白い船が停泊しておりました。
その船はその場を離れることをなく、30年以上もの間ホテルとして親しまれていたのです。

私も子供の頃、ここでの結婚披露宴に出席したこととか、プールで遊んだりした思い出があります。

しかしそれからもう何十年と経ってしまい、老朽化した船はこの地での役目を終えた船は故郷で第三の人生を過ごすこととなりました。
そして故郷に向けての長旅をスタートさせるために、改修のため異国へ向かったのですが・・・。

↑と、ここまでが昨日のニュース。
しかしここから急展開。

まさか沈没しちゃうなんて~

物心ついたときからあそこにあるのが当たり前だと思っていたんで、姿を消すのは少し寂しいものがありますが、いつかスウェーデンで再会できるといいなと思ってました。

でも沈没しちゃぁ再会できないら(沼津弁)。

死ぬまでに北欧行ってやるって心に誓ったばっかりだったのにぃ
こういう結末って訳もなく寂しいですね。
(現実的には売買契約とか保険はどうなるんだ?って心配もありますが)。


人気blogランキングへへよろしくお願いしますっ!!


テーマ : 静岡県 - ジャンル : 地域情報

15:37  |  そのほか  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。